キーワード

PG1レディースチャンピオンとは?最強女子競艇選手を決める戦い!

PG1レディースチャンピオンとは?最強女子競艇選手を決める戦い!

「レディースチャンピオン(女子王座決定戦競走)」とは、毎年8月上旬に開催される女子競艇選手(ボートレーサー)限定のPG1競走です。優勝賞金は1,000万円となっており、本当に強い女子レーサーを決めるレベルの高い戦いが繰り広げられます!

この記事では、レディースチャンピオンの概要や、歴代優勝選手過去のエピソード等をまとめてご紹介します。

PG1「レディースチャンピオン(女子王座決定戦競走)」とは?

「レディースチャンピオン(女子王座決定戦競走)」は、女子レーサーを対象とした、競艇(ボートレース)のPG1(プレミアムG1)競走。簡単な概要は以下の通りです。

  • 【優勝賞金】1,000万円
  • 【開催時期】毎年8月上旬
  • 【初開催】1987年12月8日

PG1「クイーンズクライマックス」と同様に女子レーサー限定のレースとして最高峰に位置づけられており、最強の女子レーサーを決める戦いと言えます!優勝者にはSG「ボートレースクラシック」への優先出場権が与えられます。

「レディースチャンピオン」はPG1(プレミアムG1)のレース!

競艇(ボートレース)では、レースごとに階級が分けられるグレード制が採用されています。「レディースチャンピオン」はPG1(プレミアムG1)のレース。PG1は、SGに次ぐ2番目にグレードが高いレースです。

「レディースチャンピオン」のレーススケジュールは?

「レディースチャンピオン」のレーススケジュールは以下の通りです。

  • 【初日~4日目】予選
  • 【5日目】準優勝戦(予選の得点率上位者18名によって3レース実施)
  • 【最終日】優勝戦(準優勝戦の各レース1着・2着の計6名によって実施)

6日間にわたって、女子レーサーの熱い戦いが繰り広げられます!

PG1「レディースチャンピオン(女子王座決定戦競走)」への出場資格は?

PG1「レディースチャンピオン(女子王座決定戦競走)」への出場資格を見てみましょう。選考期間は開催前年の6月1日から開催年の5月31日までとなります。

  • 前年度優勝者
  • オールレディース優勝選手
  • 女子レーサー勝率上位者

以下に該当する場合は選出除外

  • 選考期間内の出走回数100回未満の選手 ※優先出場選手は免除
  • 選考期間内の事故率0.40以上の選手
  • スタート事故による選出除外となる罰則期間が当該競走の前検日を含む開催期間と重複する場合
  • 負傷・病気・出産等により出場を辞退した選手
  • 褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手

「レディースチャンピオン」の特徴のひとつは級別を問わず出場可能ということ!つまり、本当に強い女子レーサーたちが集まる大会ということが分かりますね。

PG1「レディースチャンピオン(女子王座決定戦競走)」の過去のレースデータ・エピソードを紹介!

続いて「レディースチャンピオン」の歴代優勝者・売上・話題となったエピソードなど、過去の情報を振り返ってみたいと思います!

「レディースチャンピオン」過去10年の歴代優勝者

「レディースチャンピオン」の過去10年の歴代優勝選手をまとめてみます。

開催年優勝戦日開催競艇場優勝選手枠番コース決まり手
2010年3月7日下関寺田千恵11逃げ
2011年3月6日三国田口節子33まくり差し
2012年3月4日多摩川田口節子11逃げ
2012年8月5日若松山川美由紀44まくり
2013年8月11日鳴門金田幸子44まくり
2014年8月11日三国水口由紀11逃げ
2015年8月9日丸亀滝川真由子35抜き
2016年8月7日海野ゆかり11逃げ
2017年8月6日芦屋小野生奈11逃げ
2018年8月5日桐生山川美由紀11逃げ
2019年8月12日蒲郡大山千広11逃げ
2020年8月10日多摩川平山智加22まくり

田口節子選手、山川美由紀選手は過去10年の中で2回も優勝を誇っています。2019年には大山千広選手が優勝したことで話題になりましたね!後ほど、こちらのエピソードを詳しくご紹介します!今年は誰が優勝を手にするでしょうか!?

「レディースチャンピオン」過去の売上は右肩上がり!

続いて「レディースチャンピオン」の過去数年の売上に注目してみましょう!

  • 【2014年】55億2896万6900円
  • 【2015年】71億8840万3100円
  • 【2016年】58億1232万2400円
  • 【2017年】72億2595万7600円
  • 【2018年】77億5247万9500円
  • 【2019年】95億7676万7700円
  • 【2020年】115億1225万700円

2016年には下がってしまったものの、以降グングン右肩上がりとなっているのが分かりますね!新型コロナの影響で入場規制がかかった2020年には、前年と比較して+20.2%と、なんと20億円以上プラスの売り上げとなっています。

2019年には大山千広(おおやま・ちひろ)選手が最年少Vに!

2019年のレディースチャンピオンでは、当時23歳だった、福岡支部所属大山千広(おおやま・ちひろ)選手が最年少Vとなり話題になりました! 大山選手にとっても、これが初のG1優勝に。レディースチャンピオン初出場にして優勝を掴むという、非常に素晴らしい結果を残しました。

しかし2020年のレディースチャンピオンでは、予選でフライングをしてしまい、残念ながら連覇とはなりませんでした…!しかしながら大会最年少優勝を果たすとは、大山選手の強さが伝わってきますね。今後も非常に楽しみな選手です。

最強の女子レーサーを決める戦い、PG1「レディースチャンピオン(女子王座決定戦競走)」。出場資格も前年度優勝者、オールレディース優勝選手、女子レーサー勝率上位者と、狭き門をくぐり抜けた本当に強い女子レーサーたちが集うことになります。2020年の売り上げは100億円を突破するなど、注目度は上昇中です!ぜひ、皆様も注目してみてくださいね!