キーワード

全国トップクラスの広さ!ボートレースからつ(唐津競艇場)

ボートレースからつ(唐津競艇場)

ボートレースからつとは

佐賀県唐津市、松浦川沿いにある競艇場です。
2001年に開催された「グランドチャンピオン決定戦競走」において、寺田千恵選手が女子レーサー史上初となるSG優勝戦進出を果たしたほか、2010年11月26日に行なわれた第2レースで、篠崎元志選手が14年ぶりにレコードタイムを更新するなど、本場でさまざまな快挙が成されています。
マスコットキャラクターは、イルカをモチーフにした「か・らっきー」です。
レース実況は、2009年度より石川香奈恵アナウンサーが務めています(2019年現在)。

そんなボートレースからつは、1953年8月7日に開場しましたが、当時は唐津市栄町の埋立地に建設されていました。
競走水面に松浦川を利用していたものの、潮の満ち引きによって最大2m近い水位差があり、また干潮時は選手の膝上あたりまでしか水面がないという状況で、問題の多い競艇場として知られていました。
さらに1969年2月、“大本命”とされていた瀬戸康孝選手が、松浦川から流れてきた浮遊物を巻き込んでしまい、スタートが遅れるというハプニングが発生。しかし、この件は不問とされ、結局瀬戸選手は6着という結果に終わります。
この判定に対し、多くの競艇ファンが激怒。大きな騒ぎとなりました。
これらの状況、出来事を踏まえ、1975年1月に現在地に移転したという経緯があります。

水面特徴

ボートレースからつの競走水面は、全国トップクラスの広さを誇ります。
特にピットから2マークまでの距離が178mと長く、これは全国一です。
このようなレイアウトであることから、「ピット離れ」の良し悪しがコース取りに大きく影響します。
また、十分な助走距離を確保できる点や、水質が淡水寄りの汽水ということもあって、スピード勝負になりやすい点も要チェックです。

しかし、だからといって「まくり」が決まりやすいかというとそうでもなく、風の影響によってレース展開が大きく変化します。
ボートレースからつは1年を通して追い風の日が多く、特に冬場は玄界灘から強い季節風が吹きます。
風速4m未満であればインが加速しやすいので有利ですが、風速5mを超えるセンターの「差し」が決まりやすくなります。
舟券を購入する際は、その日の風速を踏まえたうえでの分析が必要です。

主要レース

ボートレースからつでは、周年記念競走(GⅠ)として「全日本王者決定戦」、企業杯競走(GⅢ)として「酒の聚楽太閤杯」が毎年行われています。
また、一般戦も多く開催されています。特に正月の「佐賀県選手権」やお盆の「唐津市長杯お盆特選」などが人気です。

そのほか、2010年から試験的に開催されている企画レースも見どころのひとつとして挙げられます。

  • 朝イチ特賞:A1級の選手が1号艇に乗艇
  • 軸アツ番組:A1級の選手が1レース目は1号艇、2レース目は2号艇、3レース目は3号艇に乗艇
  • 朝ドキ!からつ:モーニングレース

などが代表的です。
ただし、これらの企画レースは一般戦でのみ行われる点に留意する必要があります。

SGの有無

1978年に「第24回モーターボート記念競走」を開催して以降、「全日本選手権競走」や「グランドチャンピオン決定戦競走」といったSG競走を開催しています。
しかし、全国的に見ると、過去のSG競走開催数は少なめです。

施設概要

ドリームピット

ボートレースからつは、スタンド棟をメインエリアとする競艇場です。
スタンド棟の周りには、子どもと一緒に遊べる遊園地や外向発売所「ドリームピット」、屋外の立見席などが設けられています。
スタンド棟は1~3Fの全3フロアで構成されており、1Fと3Fに観戦スペースが用意されています。

無料の一般席

1Fは、無料の一般席が用意されたフロアです。
2,000を超える席数が用意されており、1マーク側には車椅子専用席も設けられています。
また、うどん、そば、各種の定食などメニューが豊富なレストラン「ホワイト」や、子ども連れの方が気軽にくつろぐための休憩スペース「くつろぎルーム」をはじめ、さまざまな施設が併設されています。

2Fは「情報コーナー」が設けられたフロアです。
佐賀出身の往年の名選手・瀬戸康孝選手にまつわるグッズをはじめ、さまざまな展示物が飾られています。
2012年3月までは観戦スペースが設置されていましたが、現在は閉鎖されています。

有料指定席

3Fは有料指定席が用意されているフロアです。
2マーク側にテーブルと椅子がセットになった席が用意されており、1マーク側にロイヤル席が設けられています。ロイヤル席にはシングルシート(70席)とペアシート(30席)が用意されており、いずれも卓上モニターが設置されています。
また、レストラン「イエロー」やマッサージチェア、カフェテラスなど、一息つけるくつろぎスペースが充実しているのも嬉しいポイントです。

アクセス方法

ボートレースからつでは、本場開催日に限り、交通費キャッシュバックサービスが実施されています。
キャッシュバックの対象は以下のとおりです。

  • 福岡都市高速道路、西九州福岡前原道路、厳木多久有料道路の料金
  • 福岡市営地下鉄空港線、箱崎線、七隈線、JR筑肥線、JR唐津線の電車代

当日購入した舟券(1,000円分以上)と上記の領収書を1F中央エントランスに持参すると、片道1回分の交通費を返金してもらえます。
ただし、受付時間が限られている点に注意が必要です。
モーニングレース開催日は11:25~13:25、GⅠまたはGⅡ開催日は13:00~15:20となっているので、利用する場合はこの時間内に受付を済ませるようにしましょう。

電車をご利用の場合

  • JR筑肥線「東唐津駅」下車 無料送迎バス約5分
  • 無料送迎バスの運行スケジュールについては、ボートレースからつの公式ホームページをご覧ください。

車を利用される場合

  • 福岡都市高速より、西九州自動車道「唐津IC」から約3分
  • 長崎自動車道「多久IC」から国道203号線経由で約30分