キーワード

「モーニング」「シード」に注目!ボートレース徳山(徳山競艇場)

ボートレース徳山(徳山競艇場)

ボートレース徳山とは

山口県周南市の南部にある競艇場です。
太華山の麓にあり、瀬戸内海に面していることから、美しい自然の景観を見ることができます。
マスコットキャラクターは、スナメリをモチーフにした「すなっち」です。
レース実況は、フリーアナウンサーの二宮淳一氏が務めます(2019年現在)。
2011年2月、ボートレース芦屋に続き、全国2番目にモーニングレースを開催した競艇場として有名です。

そんなボートレース徳山は、戦後復興の財源確保を目的に、1953年8月28日、周南市(当時の徳山市)主催のもとで開場しました。
初日の入場者数は4,000人を超え、220万円以上の売上高を記録したといいます。
その後、1980年に東スタンド、1999年には西スタンドを新設し、2017年には中央スタンドの建て替えを行うといったように、たびたび改装しています。
ただし東スタンドは、中央スタンドの建て替え後、2017年8月のレースを最後に閉鎖しています。

水面特徴

ボートレース徳山の競走水面は、瀬戸内海を利用しているので、海水です。
そのため、潮の満ち引きによる水位の変化がレースに影響する可能性があります。

たとえば、普段よりも水面が上昇している満潮時は、風や引き波によってうねりが発生する可能性があります。これによって水面が荒れてしまうと、センターやアウトの選手が思い切ってスピードを出せなくなり、「イン逃げ」が決まりやすくなります。
また、満潮時と干潮時で潮位が3m以上も変わる点もポイントです。潮位にこれほどの差があると、スタートする際、目標物の見え方も大きく変化します。
その結果、スタートを失敗する可能性が高まります。
逆に干潮時は水面が穏やかになり、機体のパワー勝負になりやすいのが特徴です。

このように、潮の満ち引きはレースに大きく影響しますが、それでもなお1号艇の勝率が高いのがボートレース徳山の特徴です。
というのも、ボートレース徳山ではモーニングレースをはじめ、A級レーサー、もしくはそれに準ずる技量を持つレーサーを1号艇に配置したシードレースが多く行なわれます。
そのため、競走水面の状態に左右されることなく1号艇が安定した走りを見せる展開が少なくありません。
ボートレース徳山の公式ホームページに掲載されている「潮汐表」を見ることも大切ですが、レースの種類や出場選手などにも注目したうえで、予想を立てるようにしましょう。

主要レース

ボートレース徳山を代表するレースとして、モーニングレース「グッドモーニング徳山」が挙げられます。
1号艇にA級選手を置き、なおかつ進入固定で行われる「モーニングSP」、シリーズリーダーをはじめ好成績を残した選手が多く出場する「グランプリ戦」など、それぞれ特色あるレースが第1~3レースと第8レースで行われます。
ちなみに、2019年7月現在、モーニングレースを開催しているのはボートレース鳴門、ボートレース徳山、ボートレース芦屋、ボートレースからつの4ヶ所のみです。

また、周年記念競走(GⅠ)として「徳山クラウン争奪戦」、企業杯競走(GⅢ)として「大塚SOYJOYカップ」が毎年行われる点も見逃せません。
そのほか、正月に行われる「yab山口朝日放送杯争奪戦競走」、お盆に行われる「黒神杯争奪戦競走」といった一般戦も人気のレースです。

SGの有無

2018年6月、「グランドチャンピオン決定戦競走」が開催されました。
ボートレース徳山において、SG競走の開催はこれが初です。
この開催をきっかけに、今後もさまざまなSG競走が開催される可能性があります。

施設概要

ボートレース徳山は、「中央スタンド」「東スタンド」「西スタンド」の3エリアに分かれています。
このうち、東スタンドは長らく休館中であり、実際に利用できるのは中央スタンドと西スタンドの2エリアです。

中央スタンドは1~3Fの3フロアで構成されています。
1Fには子どもと一緒に遊べる「キッズテラス」や「キッズルーム」、トークショーをはじめとするイベントの開催場所として使用される「ラウンジ」などが設けられています。
また、競走水面を近くで見ることができる屋外観戦エリア「ウッドデッキ」も用意されており、誰でも無料で利用可能です。
2Fには、異なる3タイプの観覧席が用意されています。
ひとつは誰でも自由に利用できる一般席、ひとつは利用者限定の半個室空間「すなっちシート」、そしてもうひとつは見晴らしのいい屋外デッキから美しい景色とともにレースを楽しめる「オープンデッキ」です。
3Fには、「6艇」にちなんで名付けられた特別観覧施設「ROKU」があります。
選手とファンが交流したり、ボートレース初心者のためのイベントを開いたりといった目的で使用されます。
また、各種団体・グループが懇親会やセミナーの場として、無料で利用することも可能です。

一方の西スタンドも、1~3Fの3フロアで構成されているエリアです。
1Fはピロティとロビーがあるだけで、レースは2Fと3Fで観戦できます。
2Fには、無料の屋外観戦用スペース「ペデストリアンデッキ」が設けられています。
見晴らしがよく、壮大な風景と迫力あるレースを堪能できます。また、屋内に冷暖房完備の観戦スペースも用意されているので、その日の気分や好みに合わせて選ぶことが可能です。
3Fは、有料指定席が設けられているフロアです。
屋外にはペデストリアンデッキもありますが、屋内にある席は有料指定席なので注意が必要です。
指定席券売場、有料指定席入場口は同フロアにあります。

ちなみに、フードコートは屋外にあります。
屋内にも売店はありますが、他の競艇場に比べると飲食できるスペースが少なめです。
長時間の利用を考えている場合は、その点に留意する必要があります。

アクセス方法

電車をご利用の場合

  • JR山陽本線「徳山駅」下車 みなと口より無料タクシー約15分
  • JR山陽本線「櫛ケ浜駅」下車 駅前より無料タクシー約5分
  • JR山陽本線「下松駅」下車 南口より無料タクシー約10分
  • ボートレース徳山からは徳山駅行き、下松駅行きの無料送迎バスが出ているので、帰りはそちらを利用するといいでしょう。
  • 無料タクシー、無料送迎バスの運行スケジュールについては、ボートレース徳山の公式ホームページをご覧ください。

車を利用される場合

  • 山陽自動車道「徳山東IC」から県道366号線経由で約15分