キーワード

インコースが強い!ボートレース下関(下関競艇場)

ボートレース下関(下関競艇場)

ボートレース下関とは

山口県下関市にある競艇場です。
下関市主催のもと、1954年10月22日に「下関競艇場」として開場しました。
その後、2015年に正式名称を現在の「ボートレース下関」に改名した、という経緯があります。
マスコットキャラクターは、海賊をモチーフにした「シーボー」とその恋人である「シーモ」です。
地元の有名レーサーとして、今村豊選手や長尾章平選手などが挙げられます。

そんなボートレース下関は、1983年夏、国内の公営競技場において初となる「薄暮競走」を開催したことでも有名です。
薄暮競走とは、最終レースが夕方の時間帯になるように開始時刻を調整した開催形式のこと。これが見事に成功し、当初の目標をゆうに上回る売上を記録しました。
その後は薄暮競走を定着させつつ、ナイター単独開催を目指して2015年より準備が開始されました。
そして2017年4月、全国で6番目となる「ナイター専用競艇場」として新たにリニューアルされました。
ナイターレースの愛称は一般公募により、「海響ドリームナイター」と名付けられています。

水面特徴

瀬戸内海に面しているボートレース下関の競走水面は、海水です。
一般に海水を利用している競艇場は、潮や風の影響によって水面が荒れやすい傾向にあります。
一方、この競艇場の水面は、1年を通して穏やかなのが特徴です。
その理由は、1マークの前方に設置された堤防にあります。
通常、満潮時は海から水が流れ込み、水位が上昇します。一方、干潮時は競走水面から海に向かって水流が生じます。
しかし、ボートレース下関の場合、満潮時でも堤防があるおかげで水が流れ込みにくく、また干潮時も海への水流がほとんど生じません(ただし、堤防の高さを超えるほどの大潮の場合は、水位が上昇したりうねりが生じたりすることもあります)。

一方、風の影響を受けやすい点に注意が必要です。
特に秋以外の季節は瀬戸内海からの不規則な風に影響されやすく、それによってスタートのタイミングをつかみ損ねる選手が少なくありません。

また、ボートレース下関は全国有数の“インコースが強い競艇場”としても有名です。
その理由は、水面のサイズにあります。
ピットから2マークまでが173mと長いため、他の競艇場のようにインコースが深くなりません。
さらに、本番ピットから大時計までの距離が320m近くあることから、本来は助走距離が短くなる傾向にあるインコースも、十分な助走をしてスタートを切ることができます。
現に、この競艇場における1号艇の1着率は、季節に関係なく安定して50%以上を記録しています。

主要レース

ボートレース下関で開催される主要レースとして、周年記念競走(GⅠ)の「競帝王決定戦」や企業杯競走(GⅢ)の「長府製作所杯」などが挙げられます。
また、新鋭リーグ戦として「トランスワードトロフィー」、女子リーグ戦として「ジュエルセブンカップ」「協同組合下関ふく連盟杯争奪お正月特選」をはじめとする一般戦なども人気です。

そのほか、第1、5、7レースで以下のような企画レースが行われるのも見逃せません。

  • 第1レース「シーモ戦」:A級選手を1号艇に配置し、その他にB級選手などを配置するレース
  • 第5レース「進入固定競走」:出走表に記載された艇番の順に、そのまま1~6コースに入って行うレース
  • 第7レース「ふく~る戦」:1号艇、4号艇ともう1艇にA級選手、残りの3艇にB級選手などを配置して行うレース

SGの有無

ボートレース下関では、1956年の「第2全国地区対抗競走」開催をきっかけに、それ以降もさまざまなSG競走が行われています。
特に開催回数が多い代表的なレースとして、「モーターボート記念競走」や「総理大臣杯競走」などが挙げられます。

施設概要

ボートレース下関は、1~5Fの全5フロアで構成された競艇場です。
中央スタンドと西スタンドに分かれていますが、西スタンドはほとんど閉鎖されています。
2Fでは西スタンドが開放されていますが、「女性・子供ルーム」が設けられているくらいで、その他の施設や一般席はありません。

1Fはインフォメーションをはじめ、さまざまな施設があるメインフロアです。
ロビー中央にイベント広場が設けられており、ここで選手たちのインタビューやトークショーなどが行われます。
また、大型モニターが設置されているので、イベントがない日はレース観戦をすることもできます。
そのほか、おもちゃや絵本が置かれている「女性・子供ルーム」や、ボートレース下関名物「くじらロール」をはじめ、絶品グルメが豊富な「マリンカフェ」などもあります。

3Fは、無料の一般席が700席以上用意されたフロアです。
2マーク側に、身障者観覧席が設けられています。
自販機や休憩所はありますが、レストランや売店はないので、その点に留意する必要があります。

4~5Fは、有料の指定席が設けられたフロアです。
4Fには600弱の指定席が用意されています。また、無料でドリンクを1杯サービスしてもらえます。
5Fにはロイヤル席が設置されており、快適な空間でレースを楽しめるのが最大の魅力です。
各席に卓上モニターが用意されているほか、ドリンクやスポーツ紙の無料サービスを受けることもできます。

アクセス方法

ボートレース下関では、電車または車利用者を対象に、「片道交通サービス」を実施しています。

    長府駅や下関駅、新下関駅で発行してもらえる当日の乗車証明
    中国自動道・下関ICをはじめ、各料金所で発行してもらえる当日の領収書

上記いずれかと、ボートレース下関専用のキャッシュレスICカード「e~ほっ!カード」の2点を、中央スタンド1Fにある片道交通サービス窓口に持参しましょう。
最大970円分の電子マネーを「e~ほっ!カード」にチャージしてもらえます。

電車をご利用の場合

  • JR山陽本線「長府駅」下車 徒歩約3分

車を利用される場合

  • 中国自動車道「下関IC」または「小月IC」から約15分