キーワード

カギを握るのは「風」と「潮」!ボートレース鳴門(鳴門競艇場)

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)

ボートレース鳴門とは

徳島県鳴門市の海沿いにある競艇場です。
鳴門海峡付近の海を、そのまま競走水面として利用しているのが特徴です。
1953年4月24日に開場したものの、施設の規模が小さいこともあってSG競走をはじめとする大きなレースは開催されませんでした。
しかし、2009年4月にプレミアムGⅠ競走「競艇名人戦競走」が開催されます。
2016年には施設の改修を行って新たにスタンドを設置。これにより、売上高の向上に成功しました。
また、同年に本場初となるSG開催を果たし、注目を集めました。
今後に期待がかかる競艇場のひとつといえるでしょう。

そんなボートレース鳴門のマスコットキャラクターは、鯛をモチーフにした「なるちゃん」です。
施設のリニューアルオープンに合わせて、一度デザインが一新されています。
レース実況は主に桃井雄也氏、小林習之氏が務めます(2019年現在)。
地元の有名レーサーとして、田村隆信選手や岡孝選手などが代表的です。

水面特徴

ボートレース鳴門の競走水面は海を利用しており、水質は海水です。水が柔らかく浮力があることから、体重が重い選手が有利に走れます。

かつては、全競艇場の中でも一二を争うほどにコースが狭かったボートレース鳴門。特に1マークのバック側が狭く、センターやアウトからの「まくり」が困難とされていました。
コースによって極端に有利・不利の差があったことが、長年SG競走が開催されなかった要因のひとつと考えられます。
しかし、施設のリニューアルによって1マークのバック側が広くなったことで、その問題点は解消されました。
現在は「まくり」も決まりやすくなり、“イン絶対”の環境ではなくなっています。
とはいえ、依然としてインの1着率が高い状態が続いています。

また、海を利用していることから、風や潮の影響によって水面が荒れやすい点もポイントです。
特に冬場は強い追い風が吹きやすく、それによって水面が大きく荒れます。満潮時はなおさら荒れやすく、安定板を装着するレースも少なくありません。
そのため、波をうまく乗りこなす選手、環境に慣れた地元レーサーなど、対応力のある選手に注目して予想を組み立てるといいでしょう。

主要レース

毎年開催される周年記念競走(GⅠ)として、「大渦大賞」が挙げられます。
また、企業杯競走(GⅢ)として、大塚製薬の看板商品を冠した「オロナミンCカップ競走」が毎年行なわれます。
そのほか、女子リーグ戦「渦の女王決定戦競走」、一般戦として「松竹杯競走」「日本モーターボート選手会会長杯競走」「渦王杯競走」などが有名です。

加えて、2010年6月からは「ドーンと勝負!鳴門の3段ロケットレース!」が開催されているのも見どころです。これは、ボートレース鳴門で開催されるボートレース(SG、GⅠを除く)の1R、3R、5Rで行なわれる企画レースです。
1Rは1号艇と4号艇にA級選手、3Rと5Rは1号艇にA級選手が出場し、残りの枠にB級選手が出場します。

SGの有無

ボートレース鳴門では、2016年に「第21回オーシャンカップ競走」、2017年に「第27回グランドチャンピオン決定戦競走」が開催されました。
SG競走の開催回数は、全競艇場の中でも少なめです。

施設概要

2016年のリニューアルオープンによって、新しく生まれ変わったボートレース鳴門。
1F、3F、4Fの計3フロアで構成されています。

1Fは、屋外に一般席が用意されているフロアです。
2マーク側、大時計の隣に海上ステージ、エントランス内に「なるちゃんステージ」が設置されており、イベント時は多くの観覧客で賑わいます。
また、フードコートや売店はもちろんのこと、子ども連れの方に嬉しい授乳室、キッズルームなどを完備している点も要注目です。
売店にはマスコットキャラクター「なるちゃん」のグッズが数多く販売されているので、興味がある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

3Fは、屋内に観戦スペースが用意されているフロアです。
2マーク側に無料の一般席、1マーク側に有料指定席「オーシャンシート」が設けられています。
オーシャンシートにはシングル席とペア席が用意されているので、家族や友人、恋人と遊びに来た方も仲良くボートレースを楽しめます。
とはいえ、シングル席も仕切りはあるものの、2席1組の状態です。ペア席が埋まってしまっている場合でも、楽しく観戦できるでしょう。
オーシャンシートの指定席券は、指定席入口で購入可能です。
空席状況を表示している巨大モニターがあるので、あらかじめどのあたりの席を取るか決めておくと、スムーズに購入できます。

4Fは、有料指定席「ロイヤルシート」「特別室」が用意されたフロアです。
ロイヤルシートには、シングル席と4人まで座れるグループ席があります。
また、いずれのタイプを利用した場合でも、フリードリンクや予想新聞の無料配布、昼食の注文・配達など、嬉しいサービスが特典で付いてきます。
一方の特別室は、8人以上25人以下で利用できる大部屋です。
仲間内でワイワイ盛り上がりながら観戦できるほか、こちらもフリードリンクや茶菓子のケータリングなど、さまざまな特典付き。大人数でボートレースを楽しみたい方は、ぜひとも押さえておきたいところです。
ただし、ロイヤルシートは1室のみとなっています。
利用希望日の30日前から事前予約を受け付けているので、早めに申し込んでおくことをオススメします。

アクセス方法

電車をご利用の場合

  • JR鳴門線「鳴門駅」下車 無料送迎バス約5分
  • JR高徳線「徳島駅」下車 無料送迎バス約30分
  • 無料送迎バスの運行スケジュールについては、ボートレース鳴門の公式ホームページをご覧ください。

車を利用される場合

  • 神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」から約8分<