キーワード

大番狂わせが多い競艇場!ボートレース津(津競艇場)

ボートレース津(津競艇場)

ボートレース津とは

三重県津市藤方にある競艇場です。
三重県鳥羽市出身の演歌歌手・鳥羽一郎氏が名誉執行委員長を務めています(2019年現在)。
競走水面が全競艇場の中で2番目に広く、また舟券発売機を初めて導入した競艇場としても有名です。

全国の競艇場の中で最も歴史が古く、1952年7月4日に第1回ボートレースの開催が行われました。
当初は岩田川河口にレース場を置いていましたが、1969年に現在の場所に移転したという経緯があります。
その後、2000年に現在のスタンドが開設され、2011年に外向発売所「津インクル」がオープン。現在に至ります。
JR・近鉄津駅、近鉄津新町駅から無料送迎バスが運行しているほか、会場の周辺に5つの無料駐車場を設置しています。
収容できる総台数は2,400台を超えるため、遠方からでも気軽に足を運びやすいのが魅力です。

水面特徴

伊勢湾に近いボートレース津の水質は、海水と淡水のちょうど中間あたりです。
純粋な海水に比べると塩分濃度は低めですが、水質は柔らかく、浮力が働くのが特徴として挙げられます。
体重が重い選手でも、有利にレースを運ぶことができるでしょう。
競走水面は完全なプール型なので、水位が大きく変動することはほとんどありません。

しかし、風についてはしっかりチェックしておくことをオススメします。
ボートレース津は立地的に、夏は伊勢湾からの季節風、冬は鈴鹿山脈からの吹き下ろしがそれぞれ直撃しやすいという特徴があります。
特に鈴鹿山脈からの吹き下ろしは「鈴鹿おろし」と呼ばれるほどの強風で、風速5mを超えるような日は水面の状態が著しく悪化します。
そのため、インコース、アウトコース問わず苦戦する可能性が高く、レースが大荒れしやすいのが特徴です。

そのほか、1マークのホーム側が広く、枠番なりに並びそうな場合でも、各選手の駆け引きや走り方によってレース展開が変わりやすい点もポイントです。
このように、さまざまな要素によって大番狂わせが起こりやすいことから、高額舟券、万舟券が期待できる競艇場として知られています。

主要レース

ボートレース津で開催される主要レースとして、周年記念競走(GⅠ競走)の「つつじ賞王座決定戦」が挙げられます。1953年に第1回が開催されて以来、ほぼ毎年行われています。
地元の有力選手をはじめ、豪華な面々が集結する注目のレースです。
ただし、この名称で開催されるのは、令和元年(2019年)5月に行なわれた「第67回つつじ賞王座決定戦」が最後です。

また、企業杯競走(GⅢ)として「マキシーカップ」があります。
三重交通がスポンサーを務めるレースであり、優勝者には賞金やその他の副賞が贈呈されます。
こちらも「つつじ賞王座決定戦」と同じように、基本的に毎年1回、開催されます。
そのほか、GWに開催される「スポーツニッポンパール賞競走」や、お盆に行なわれる「中京スポーツ・三重テレビ納涼しぶき杯争奪戦競走」なども有名です。

SGの有無

ボートレース津では、競艇のレースにおける最高位・SG競走が開催されることもあります。
過去に行なわれたSG競走として、「モーターボート記念競走」「競艇王チャレンジカップ」「全日本選手権競走」などが挙げられます(2019年7月現在)。
しかし、全国の競艇場に比べると、これまでのSG競走の開催回数は少なめです。

施設概要

ボートレース津は、全4フロアから成る競艇場です。

メインフロアとなる1Fは屋外に無料観戦スペースが用意されており、そこから迫力満点のレースを間近で見ることができます。
ただし、椅子やベンチは設置されておらず、立ち見もしくは段差に腰掛けて観戦しなければいけない点は注意が必要です。
また、トークイベントや選手インタビューのステージとなる「ツキツクステージ」、トロフィーや各競艇場のマスコットキャラクターのぬいぐるみなどが展示されているスペースなど、さまざまなスポットが見られます。
もちろんフードコートや売店も併設されているので、レース前に小腹が空いたときも問題ありません。

2Fは、基本的にほとんど閉鎖されているフロアです。大きなレースの開催日に一般席が開放されるほか、何かしらのイベントが実施される際にはイベントホール「ツッキードーム」が開場します。

3Fは投票所や飲食店などがあるフロアです。
人気なのは、レストラン「味どころ御飯艇」。安くてボリュームたっぷりのメニューが豊富にあるほか、窓際のカウンター席から競走水面を見ることもできます。

そして最後に紹介する4Fは、有料の指定席が用意されているフロアです。
「A指定席」と「B指定席」に分かれており、自分に合ったほうを選べます。
A指定席は、個人スペースが確保されたテーブル付きの観戦席です。各テーブルに卓上モニターが設置されているので、各種情報やレースの映像をゆったりくつろぎながら見られます。
また、きちんと分煙されているので、喫煙者も非喫煙者も快適に観戦できます。
一方のB指定席は、テーブル付きのペアシートが用意された観戦席です。家族や友人、恋人と一緒に楽しく観戦できます。
ただし、モニターが設置されていない点に留意する必要があります。
そのほか、最大6名で利用できるソファーボックスや、冷房完備の個室でくつろぎながら楽しめるペアボックスなど、プレミアム指定席も用意されています。
A指定席やB指定席に比べると、利用料金が少し高くなりますが、より快適にリラックスしながらボートレースを楽しめることは間違いないでしょう。

アクセス方法

電車をご利用の場合

ボートレース津へのアクセスは、電車を利用するのが便利です。

  • JR/近鉄「津駅」下車 無料送迎バス25分
  • 近鉄「津新町駅」下車 無料送迎バス30分
  • 無料送迎バスの運行は、本場開催日に限ります。運行スケジュール等については、ボートレース津の公式ホームページをご覧ください。

車をご利用の場合

  • 伊勢自動車道「津IC」または「久居IC」から約20分

ボートレース津(津競艇場)の必勝法について

津競艇場の予想のコツ

津競艇場の案内をまとめましたが、津競艇場での舟券の予想の仕方が気になりませんか!?

レースの予想をするにはその競艇場の立地条件による風の向きや強さ、潮の満ち引きによる波の影響などを考慮する必要があります。
また、レースが行われる時の気温によって、モーターの性能の発揮のされ方が変わっていきます。
そして地元の競艇場では普段以上に勝率の上がる選手もたくさんいます。
つまり、普段は勝っている選手でも、そのレースが行われる時間や条件によって力が発揮できず、思わぬ選手が活躍し高配当をゲットできる!・・・なんてこともあるくらいレース展開が変化します。

フネラボでは津競艇場で勝つためのポイントを「津競艇場の必勝法」としてまとめています。

津競艇場で行われているレースの予想をするときの参考にしていただけたら嬉しいです!

津で使える予想サイトは「boatONE」

津競艇場で勝率・回収率の高い競艇予想サイト(無料予想)

津での舟券の予想のポイントは「津競艇場の必勝法」でまとめましたが、実際に予想を当てている競艇予想サイトが気になりませんか?

競艇の予想サイトにはいくつものプランがありますが、それぞれのサイトで登録して無料で予想を見ることのできる「無料予想」があるのをご存知でしょうか?

無料で見られる競艇予想なので、参考にされている方も多いんじゃないかと思いますが、フネラボに掲載している予想サイトの無料予想はすべてデータを蓄積しております。

その中で津競艇場で行われているレースのみを集計してデータ化し、優秀な競艇予想サイトを選定しています。

具体的に結果を残しているので信頼性はかなり高いと言えます。

数ある予想サイトの中で、2021年09月28日現在で最も成績の良い予想サイトは「boatONE」です!!

成績トップのboatONE

勝てなければ、当たらなければ意味がない!絶対的な自信から提供予想はたったの3つ!

※津競艇場でのみの成績
勝敗的中率回収率評価点
19勝10敗65.5%115.7%758.0点

津競艇場で行われているレースのみの無料予想を集計しているので、boatONEは津の予想に使えるサイトと言うことができます!

2位以下のランキングも掲載しているので、詳細を見たい方は下記リンク「津で使える予想サイト詳細はこちら」からどうぞ!

関連する記事