キーワード

インコースが強い!「ボートレースの聖地」ボートレース住之江(住之江競艇場)

ボートレース住之江(住之江競艇場)

ボートレース住之江とは

大阪府大阪市住之江区、住之江公園のすぐ西隣にある競艇場です。
全競艇場の中でもトップクラスの売上高、集客率を誇ることから、“ボートレースの聖地”として多くの競艇ファンから親しまれています。
1961年に行なわれた「第8回全日本選手権競走」を皮切りに、それ以降、毎年連続でSG競走を開催しているという特徴があります。
また、全種類のSG競走を開催したことがある唯一の競艇場でもあります。

そんなボートレース住之江の始まりは、1956年4月にさかのぼります。
当時、大阪府南河内郡狭山町(現在の狭山市)で営業していた「狭山競走場」が経営難に陥り、さらには狭山池の干ばつにより閉鎖を余儀なくされました。これを受けて現住所に移転し、同年6月19日に「ボートレース住之江」として開場した、という経緯があります。

大阪を代表する競艇場ですが、運営にあたって大阪市は関与していません。
堺市をはじめとした16市から成る大阪府都市競艇企業団と箕面市が、開催運営を行っています。
マスコットキャラクターはイルカをモチーフにした「ジャンピー」で、公式ホームページやパンフレットなどにイラストが掲載されているほか、レース名や締切音楽のタイトルにもその名前が使われています。

水面特徴

競走水面の水は工業用水と雨を利用しており、その水質は硬めの淡水です。
選手の体重やモーターのパワーが影響するほか、「硬くて乗りにくい」と感じる選手も多く見られます。
また、競走水面がコンクリート護岸に覆われていることから、引き波が残りやすいという特徴があります。
プールの構造上、特にその影響を受けやすいのが2マーク近辺です。
スタート時に発生した波が消えずにぶつかり合うことで、複雑な波が立ちやすくなります。
加えて、冬や春先は強い追い風が吹きやすく、その影響でさらに水面が荒れることも予想されます。

そのほか、センターポールから1マークの振りが小さいことも、押さえておくべきポイントのひとつです。
振りが大きい場合はインコースに出場する選手が斜めに走らなければいけませんが、ボートレース住之江ではその必要がありません。
センターコースやアウトコースと同じように、直線を走ったうえで1マークを旋回できるため、インコースが有利な展開を作りやすくなります。
現に、コース別の入着率や決まり手のデータを見てみても、1コースの1着率が高く、「逃げ」が決まる展開が多いことがわかります。

主要レース

ボートレース住之江では、毎年7月頃に周年記念競走(GI)の「太閤賞」、10月頃にGⅠ競走の「高松宮記念特別競走」が開催されます。
また、企業杯競走(GⅢ)として、アサヒビールがスポンサーを務める「アサヒビールカップ」が行なわれます。
そのほか、正月開催の「全大阪王将戦」や、施設所有者である南海電鉄グループの列車の愛称にちなんだ「ラピートカップ」をはじめとする一般戦、ルーキーシリーズ戦である「飛龍賞競走」なども有名です。

SGの有無

上記のように、ボートレース住之江におけるSG競走の開催回数は全国随一です。
特に賞金王決定戦競走については、1986年の初開催以降、毎年行なわれています。
このようなSG競走の開催実績も、ボートレースのメッカとして高く評価されている理由のひとつです

施設概要

聖地と呼ばれるボートレース住之江は4フロアで構成されており、アミューズメント施設のような外観をしています。観戦スペースは各フロアに用意されており、そのうち3~4Fが有料席です。

1Fには屋外観戦スペースの「ふらっとデッキ」があり、間近で迫力あるレースを楽しめます。
また、会場内の中央に「中央ホール」が設けられており、選手紹介や選手インタビューを見ることができます。
その隣にある「アクアライブステージ」では、選手たちによるトークショーやラジオ収録などが行なわれており、いつでも自由に観覧可能です。
そのほか、レストランや売店も充実しているので、お昼時や小腹が空いたときも困りません。
大阪ならではのメニュー、安くて美味しいメニューが豊富に揃っています。

2Fは屋内に観戦スペースが用意されたフロアです。
広いエントランスの中に一般席や投票所、売店があるというシンプルな構成になっています。
また、有料席の受付および入場口があるので、3~4Fで観戦する場合はここで指定席券を購入して入場しましょう。

3~4Fにはさまざまなタイプの有料席が用意されていますが、メインとなるのは3Fの「南スタンド有料席」です。シングルシートとペアシートが用意されており、各テーブルに卓上モニターが完備されています。
席によって大型モニターが設置されていたり、料金が安かったりと特徴が異なるので、自分に合った席で観戦可能です。
また、「ジャンピールーム」「ふらっとルーム」「BOXシート」など、2名以上で利用できるグループ席も充実しています。
他の観戦客との共有スペースになっているものもあれば、完全に仲間内だけで楽しめる個室タイプもあります。
その中でもひときわゴージャス感が漂うのが、最大12名まで利用できる「プラチナルーム」です。
1室しかなく、大人数専用ではありますが、ホテルの一室を彷彿とさせる快適空間でボートレースを楽しめます。

アクセス方法

電車をご利用の場合

  • 地下鉄四つ橋線「住之江公園駅」下車 北改札2号出口より徒歩3分

車を利用される場合

  • 住之江公園の信号を右折後すぐ
  • 南港東2の信号を左折後、直進約3km