キーワード

インコースが強い!「ボートレースの聖地」ボートレース住之江(住之江競艇場)

ボートレース住之江(住之江競艇場)

大阪市住之江(すみのえ)区にある「ボートレース住之江(住之江競艇場)」は、売り上げ1位の人気レース場として有名です。

年末に行われる最高峰レース「SGグランプリ」がほぼ毎年開催されており、「ボートレースの聖地」とも言われています。

今回は、そんな「ボートレース住之江」での予想のポイント、この競艇場で強い選手などをまとめていきますので、ぜひ予想の参考にしてください!

目次

ボートレース住之江とは

大阪府大阪市住之江区、住之江公園のすぐ西隣にある競艇場です。
全競艇場の中でもトップクラスの売上高、集客率を誇ることから、“ボートレースの聖地”として多くの競艇ファンから親しまれています。
1961年に行なわれた「第8回全日本選手権競走」を皮切りに、それ以降、毎年連続でSG競走を開催しているという特徴があります。
また、全種類のSG競走を開催したことがある唯一の競艇場でもあります。

そんなボートレース住之江の始まりは、1956年4月にさかのぼります。
当時、大阪府南河内郡狭山町(現在の狭山市)で営業していた「狭山競走場」が経営難に陥り、さらには狭山池の干ばつにより閉鎖を余儀なくされました。これを受けて現住所に移転し、同年6月19日に「ボートレース住之江」として開場した、という経緯があります。

大阪を代表する競艇場ですが、運営にあたって大阪市は関与していません。
堺市をはじめとした16市から成る大阪府都市競艇企業団と箕面市が、開催運営を行っています。
マスコットキャラクターはイルカをモチーフにした「ジャンピー」で、公式ホームページやパンフレットなどにイラストが掲載されているほか、レース名や締切音楽のタイトルにもその名前が使われています。

水面特徴

競走水面の水は工業用水と雨を利用しており、その水質は硬めの淡水です。
選手の体重やモーターのパワーが影響するほか、「硬くて乗りにくい」と感じる選手も多く見られます。
また、競走水面がコンクリート護岸に覆われていることから、引き波が残りやすいという特徴があります。
プールの構造上、特にその影響を受けやすいのが2マーク近辺です。
スタート時に発生した波が消えずにぶつかり合うことで、複雑な波が立ちやすくなります。
加えて、冬や春先は強い追い風が吹きやすく、その影響でさらに水面が荒れることも予想されます。

そのほか、センターポールから1マークの振りが小さいことも、押さえておくべきポイントのひとつです。
振りが大きい場合はインコースに出場する選手が斜めに走らなければいけませんが、ボートレース住之江ではその必要がありません。
センターコースやアウトコースと同じように、直線を走ったうえで1マークを旋回できるため、インコースが有利な展開を作りやすくなります。
現に、コース別の入着率や決まり手のデータを見てみても、1コースの1着率が高く、「逃げ」が決まる展開が多いことがわかります。

主要レース

ボートレース住之江では、毎年7月頃に周年記念競走(GI)の「太閤賞」、10月頃にGⅠ競走の「高松宮記念特別競走」が開催されます。
また、企業杯競走(GⅢ)として、アサヒビールがスポンサーを務める「アサヒビールカップ」が行なわれます。
そのほか、正月開催の「全大阪王将戦」や、施設所有者である南海電鉄グループの列車の愛称にちなんだ「ラピートカップ」をはじめとする一般戦、ルーキーシリーズ戦である「飛龍賞競走」なども有名です。

SGの有無

上記のように、ボートレース住之江におけるSG競走の開催回数は全国随一です。
特に賞金王決定戦競走については、1986年の初開催以降、毎年行なわれています。
このようなSG競走の開催実績も、ボートレースのメッカとして高く評価されている理由のひとつです

施設概要

聖地と呼ばれるボートレース住之江は4フロアで構成されており、アミューズメント施設のような外観をしています。観戦スペースは各フロアに用意されており、そのうち3~4Fが有料席です。

1Fには屋外観戦スペースの「ふらっとデッキ」があり、間近で迫力あるレースを楽しめます。
また、会場内の中央に「中央ホール」が設けられており、選手紹介や選手インタビューを見ることができます。
その隣にある「アクアライブステージ」では、選手たちによるトークショーやラジオ収録などが行なわれており、いつでも自由に観覧可能です。
そのほか、レストランや売店も充実しているので、お昼時や小腹が空いたときも困りません。
大阪ならではのメニュー、安くて美味しいメニューが豊富に揃っています。

2Fは屋内に観戦スペースが用意されたフロアです。
広いエントランスの中に一般席や投票所、売店があるというシンプルな構成になっています。
また、有料席の受付および入場口があるので、3~4Fで観戦する場合はここで指定席券を購入して入場しましょう。

3~4Fにはさまざまなタイプの有料席が用意されていますが、メインとなるのは3Fの「南スタンド有料席」です。シングルシートとペアシートが用意されており、各テーブルに卓上モニターが完備されています。
席によって大型モニターが設置されていたり、料金が安かったりと特徴が異なるので、自分に合った席で観戦可能です。
また、「ジャンピールーム」「ふらっとルーム」「BOXシート」など、2名以上で利用できるグループ席も充実しています。
他の観戦客との共有スペースになっているものもあれば、完全に仲間内だけで楽しめる個室タイプもあります。
その中でもひときわゴージャス感が漂うのが、最大12名まで利用できる「プラチナルーム」です。
1室しかなく、大人数専用ではありますが、ホテルの一室を彷彿とさせる快適空間でボートレースを楽しめます。

アクセス方法

電車をご利用の場合

  • 地下鉄四つ橋線「住之江公園駅」下車 北改札2号出口より徒歩3分

車を利用される場合

  • 住之江公園の信号を右折後すぐ
  • 南港東2の信号を左折後、直進約3km

ボートレース住之江(住之江競艇場)の特徴

ボートレース住之江の水面はプールで、水質は「淡水」で、工業用水とスタンドに降る雨水を利用しています。

工業用水は不純物が少ないため、他の淡水を利用したレース場と比べて「硬くて乗りにくい」と言われています。

地元の乗り慣れた選手が有利になりそうですね。

また、淡水は海水よりも水が硬く浮力が少ないため、体重が軽い選手の方が有利となります。

よって、他の選手よりも5kg以上重い選手は予想から外した方が良いかもしれません。

同時にモーターの性能差が出やすいため、パワーの低いモーターは不利となるので注意が必要です。

体重の軽い選手が有利となることと、モーターの性能がレース結果に影響しやすいことを覚えておきましょう!

インコースが有利な水面レイアウト

ボートレース住之江は、他の競艇場と比べてインコースが有利なレイアウトで、インコースの1着率は全国平均以上となっています。

理由は、第1ターンマークの振り幅が非常に小さく、インコースの選手が斜行せずに走ることができるからです。

逆に、アウトコースは不利6コースの1着率は1.5%以下と非常に低くなっています。

また、ピットから第2ターンマークまでの距離は120mと長く、進入が変わりやすい傾向があります。

ピット離れが良い選手なら、6号艇でも2・3コースに入ってくることもあるので、選手の前付け傾向や、展示・ピット離れのチェックをしておくことが大切です!

スタートによってできる引き波が、スタンド側と対岸側にぶつかり戻ってくるため、第2ターンマーク付近は荒れやすく、乗りにくい水面となります。

よって第2ターンマークでの逆転も多く、決まり手も「抜き」が多く見られます。

つまり、周回展示の際に第2ターンマークで綺麗にターンができる選手は、活躍が期待できると考えて良いでしょう!

夏は向かい風・冬は追い風

ボートレース住之江は、季節によって風向きが変わります。

夏は向かい風、冬~春は追い風、秋は比較的穏やかな日が多くなっています。

向かい風の際は、「まくり」が決まりやすくなるため、3~6コースの1着率が上がります。

追い風の際は、風速2m以下なら1コースが有利風速3m以上なら2コースが有利となります。

追い風が強いと、1コースは第1ターンマークのターンが膨らんで差されやすくなるためです。

  • 【追い風】イン有利
  • 【向かい風】アウト有利

というポイントをまずは頭に入れておきましょう!

ボートレース住之江(住之江競艇場)での予想のポイント

これまでボートレース住之江の特徴を見てきましたが、これらを踏まえて実際にレースを予想する際のポイントを見て行きましょう!

基本は1号艇を1着で予想!

インコースが有利なレイアウトであるボートレース住之江では、基本的に1号艇を1着で予想することとなります。

枠番別コース取得率を見ると、1号艇の1コース取得率は99%を超えており、1コースの1着率は60%を超えているためです。

また、日が沈むと気温が下がりモーターの出足が良くなるため、ナイターレースでの1コース1着率はさらに上がります。

気温が高くなる夏季のレースではモーターの出足が弱くなるため、他の季節と比べて1号艇の信頼度が下がることも頭に入れておきましょう。

また、前述のように向かい風・風速3m以上の追い風の日も1号艇の信頼度が下がるため注意が必要です!

硬い水面に慣れている大阪・東京支部の選手に注目!

ボートレース住之江は水質が淡水で、特に硬い水面です。

そのため、普段から走り慣れている大阪支部の選手が有利だと思ってよいでしょう!

ちなみに、ボートレース住之江のある大阪支部は、「最強支部」とも呼ばれるように強いレーサーが集まっているので、注目してみてくださいね。

また、ボートレース住之江と同じく、水面がプールで硬い水質である「ボートレース多摩川」で走り慣れている東京支部の選手にも注目です。海水に慣れている選手よりは、活躍が期待できると思われますよ!

企画レース「住之江ファイブ」は当てやすい!?

ボートレース住之江では「住之江ファイブ」という企画レースが行われています。

G3以下の5Rに実施される企画レースで、1号艇にA1選手が配置されます。

公式ホームページには明記されていませんが、6号艇にA級選手、他の枠番にはB級選手が配置されるため、「1-6-2345」や「1-2345-6」が出やすくなっています。

ボートレース住之江(住之江競艇場)で強い選手を紹介!

ボートレース住之江での勝率が高い選手を勝率順でご紹介します。

  • 松井繁選手(大阪支部):勝率8.21
  • 瓜生正義選手(福岡支部):勝率8.08
  • 田中信一郎選手(大阪支部):勝率7.81
  • 辻栄蔵選手(広島支部):勝率7.73
  • 井口佳典選手(三重支部):勝率7.54
  • 山崎智也選手(群馬支部):勝率7.49
  • 峰竜太選手(佐賀支部):勝率7.48
  • 太田和美選手(大阪支部):勝率7.46
  • 白石健選手(兵庫支部):勝率7.45
  • 篠崎元志選手(福岡支部):勝率7.45

地元である大阪支部の松井繁選手、田中信一郎選手、太田和美選手が上位にランクインしていますね!

勝率が高い選手がレースに出場する場合は、注目してみてくださいね。

まとめ:ボートレース住之江(住之江競艇場)はインが強い競艇場!

これまでご紹介してきたボートレース住之江の予想のポイントをまとめてみます。

  • 1号艇の1コース取得率は99%超え、1コースの1着率は60%以上
  • ナイターレースの1コース1着率はさらに上がる
  • 硬い淡水のため体重の軽い選手の方が有利
  • 第2ターンマークが荒れやすく逆転が多い
  • 追い風の際はイン有利向かい風の際はアウト有利
  • 硬い淡水で走り慣れている大阪・東京支部の選手に注目
  • 企画レース「住之江ファイブ」「1-6-2345」「1-2345-6」が出やすい傾向

インコースが強い競艇場なので、1号艇を軸に予想をすることが基本的なポイントでしたね。

これらのポイントを参考に、予想をしてみてくださいね!

ボートレース住之江(住之江競艇場)の今日の無料予想

競艇予想サイトが提供する住之江競艇場の無料予想

住之江競艇場のレースを予想するのにぜひ参考にして欲しいのが、競艇予想サイトが提供している無料の予想です。

競艇予想サイトは年々増加しており多種多様なサイトが存在します。

有料のプランもあれば無料で公開している無料予想もあります。

フネラボでは現在運営中の予想サイトの無料予想を、こちらで確認する限りすべての予想サイトの無料予想を網羅しています。

競艇予想のプロたちが提供する無料の予想を、贅沢にもすべてひとまとめで無料で閲覧できるのでぜひ使ってみてください。

住之江で使える予想サイトは「競艇ドラゴン」

住之江競艇場で勝率・回収率の高い競艇予想サイト(無料予想)

住之江での舟券の予想のポイントは「住之江競艇場の必勝法」でまとめましたが、実際に予想を当てている競艇予想サイトが気になりませんか?

競艇の予想サイトにはいくつものプランがありますが、それぞれのサイトで登録して無料で予想を見ることのできる「無料予想」があるのをご存知でしょうか?

無料で見られる競艇予想なので、参考にされている方も多いんじゃないかと思いますが、フネラボに掲載している予想サイトの無料予想はすべてデータを蓄積しております。

その中で住之江競艇場で行われているレースのみを集計してデータ化し、優秀な競艇予想サイトを選定しています。

具体的に結果を残しているので信頼性はかなり高いと言えます。

数ある予想サイトの中で、2023年09月23日現在で最も成績の良い予想サイトは「競艇ドラゴン」です!!

成績トップの競艇ドラゴン

競艇ドラゴン

「高的中率&高配当」勝てる予想は狙い方に秘訣あり!

※住之江競艇場でのみの成績
勝敗 的中率 回収率 評価点
10勝2敗 83.3% 137.8% 1,148.1点

住之江競艇場で行われているレースのみの無料予想を集計しているので、競艇ドラゴンは住之江の予想に使えるサイトと言うことができます!

2位以下のランキングも掲載しているので、詳細を見たい方は下記リンク「住之江で使える予想サイト詳細はこちら」からどうぞ!

関連する記事