キーワード

ボートレース三国(三国競艇場)

ボートレース三国(三国競艇場)

ボートレース三国とは

福井県坂井市にある競艇場で、本州にある競艇場のうち唯一日本海側にあるのが特徴です。
マスコットキャラクターは、北陸の名産品・越前ガニをモチーフにした「カニ坊」。会場入口にも大きく描かれています。
レース実況は、主に小林習之氏が務めます(2019年現在)。
地元出身の有名選手として、今垣光太郎選手や中島孝平選手、松田祐季選手などが挙げられます。
最寄り駅であるJR芦原温泉駅前から無料送迎バスが出ているので、初めての方も気軽にボートレースを楽しめるのではないでしょうか。

そんなボートレース三国は、1953年4月14日、武生三国モーターボート競走施行組合(現在の越前三国競艇企業団)が主催となり、九頭竜川の河口付近に開場したのが始まりです。
当初は「九頭竜の三角波」と呼ばれるほど全国有数の難水面として知られていましたが、1966年に移転が決定し、1968年に現在の場所に移動したという経緯があります。
とはいえ、現在の場所も風の影響を受けやすく、難水面であることは変わりません。
そのため、ボートレース三国の競走水面を得意とする選手は、風に強い選手といえます。

水面特徴

ボートレース三国の水質は淡水であり、モーターの強い機体が有利になりやすいという特徴があります。
また、海水と違って浮力がないため、体重が軽い選手のほうがパフォーマンスを発揮しやすくなります。
そのほか、潮の満ち引きによる水面変動がない点もポイント。
一見すると走りやすく思えますが、淡水の中でも硬めなことから、走りにくいと感じる選手も多いようです。

そんなボートレース三国は、インが強いことで知られています。
もともとボートレースはインコースが有利とされていますが、それに加えて、スタートラインの幅が全国トップクラスの広さを誇ることも関係しています。
これによってアウトからの「まくり」がなかなか決まらず、その間にインが逃げ切るというレース展開になりやすいのです。現に1コースの1着率が高く、決まり手についても「逃げ」が多いというデータが出ています。

また、日本海に近く、風の影響を受けやすいこともインが強くなる要因のひとつです。
夏は日本海から海風が、冬はシベリア寒気団から北風がそれぞれ強く吹くため、年間を通して追い風の日が多くなります。
その結果、インが主導権を握ったレース展開になりやすいのです。

主要レース

ボートレース三国で開催される主要レースとして、周年記念競走(GⅠ)の「北陸艇王決戦」、企業杯競走(GⅢ)の「スズキ・カープラザカップ」などが挙げられます。
また、GWに開催される「GW三国ボートフェスタ」、正月に開催される「初夢賞」といった一般戦、新鋭リーグ戦として「ヤングヒーロー決定戦」、女子リーグ戦として「クイーンカップ決定戦」など、さまざまな名レースが行われます。

SGの有無

ボートレース三国ではSG競走が行なわれることもありますが、その回数は他の競艇場に比べると少なめです。
2019年7月現在、過去に開催されたのは「第41回モーターボート記念競走」「第3回オーシャンカップ」「第20回オーシャンカップ」の3回しかありません。

施設概要

ボートレース三国は、B1と1~3Fの全4フロアから成ります。

B1にはインフォメーションスポットがあり、ここで鉄道・高速道路利用者サービスの利用申込ができます。
当日の領収書や往復切符の復券を提示することで、ペアシート招待券がもらえます。

1Fは、ボートレース三国のメインフロアです。
青と白を基調とする美しい内装で、2マーク側の1号館と1マーク側の2号館に分かれています。
1号館を入ると青と白を基調にした「オーシャンホール」が広がっており、投票所や一般席が用意されています(レースをより至近距離で見たい場合は、屋外の芝生スペースに出ることも可能です)。
2号館にも投票所が設けられていますが、日によっては閉鎖されているので、その点に留意する必要があります。
また、レストランや売店、ラウンジなども用意されているので、腹ごしらえをしたいときや休憩したいときも困りません。

2Fは、一般席と投票所が用意されているフロアです。
1Fの一般席と合わせると4,000席を超えるので、問題なく座って見ることができるでしょう。
また、映像ホールも用意されており、ここでは大型モニターでレース観戦ができます。
ただし、こちらの席からは直接競走水面を見ることはできません。
そのほか、キッズルームやレディースラウンジが設けられているのもポイントです。
子供連れの方、女性同士で遊びに来た方も、ゆったりくつろぎながらボートレースを楽しめます。

3Fは、有料の指定席が用意されているフロアです。
指定席は、2人掛けの椅子が用意されているペアシート席(1,000円)、4人で楽しめるグループ席(2,000円)、6~10人で盛り上がれる団体席(3,000円)の3種類。
鉄道・高速道路利用者サービスを利用した場合は、ペアシート席で観戦できます。
そのほか、レストランや自販機、喫煙スペースなども用意されているので、合間に休憩を入れながらの長時間観戦が可能です。

アクセス方法

電車をご利用の場合

  • JR北陸本線「芦屋温泉駅」下車 無料送迎バス15分またはタクシー約10分
  • 無料送迎バスの運行スケジュールについては、ボートレース三国の公式ホームページをご覧ください。

車を利用される場合

  • 北陸自動車道「金津IC」から約15分
  • 北陸自動車道「丸岡IC」から約30分
  • 北陸自動車道「加賀IC」から約30分