キーワード

「ボートレース唐津(唐津競艇場)」での必勝舟券戦略

「ボートレース唐津(唐津競艇場)」での必勝舟券戦略

唐津ボートレース場は淡水のプール型水面で全国でも有数の広さを誇ります。

唐津では1年を通して強い追い風が吹きます。

この会場では7~10mの風の中レースが行われることも決して珍しくありません。

この記事では唐津で儲けるための舟券戦略を徹底解説します!

ボートレース唐津(唐津競艇場)の特徴

  • 水質:淡水
  • 住所:佐賀県唐津市原1116番地
  • 支部:佐賀支部
  • モーター交換時期:7月

ボートレース徳山(徳山競艇場)のレイアウト

水面は広く、全速ターンが決まりやすいので全速戦が展開される「スピード水面」です。

また、展示タイムの1位と6位では3連対立に20%以上の差があります。

伸びの悪いモーターを引いた選手は勝率が低くなる会場といえます。

ボートレース唐津(唐津競艇場)の企画レースは4種類

2020年10月現在、唐津で行われるGⅢ級以下のレースでは原則的に以下の企画レースが行われています。

  • 1R:朝1戦(A級選手が1号艇を番組)
  • 2R:モー2ング戦(1号艇と2号艇に主力選手を番組)
  • 3R:3ライズ戦(1号艇と3号艇に主力選手を番組)
  • 4R:おは4戦(A級3人・B級3人の選手を番組)

ボートレース唐津(唐津競艇場)の三連単配当分布

  • 0~999円:18.8 %
  • 1,000~1,999円:25.3 %
  • 2,000~2,999円:12.2 %
  • 3,000~4,999円:13.5 %
  • 5,000~9,999円:13.1 %
  • 10,000~99,999円:16.4 %
  • 100,000円~:0.7%

1000円以下の配当が18.8%と他会場と比べると少なく、1000円~1,999円の配当が25.3%も占めています

点数さえ抑えれば、人気舟券であってもトリガミになりにくい会場です。

風向きでの成績変動について

  • 追い風(5m以上):1コースの1着率が42%まで下がり、2~6コースの勝率が上昇

追い風こそが唐津を語る上で、最大の特徴になると言えます。

唐津では風速にして5m程度の追い風が吹いているのがほぼデフォルトであり、7m~10mの追い風の中レースが行われることも決して珍しくありません。

追い風が強くなれば、どの選手にも舟券に絡むチャンスが訪れるので、レースは大いに荒れます。

また、唐津では反対に向かい風の影響が少なく、5m以上の強さで吹いても1号艇の1着率は55%あります。

季節別の成績変動

唐津は季節による勝率の変動がほとんどありません。

(あっても5%前後の微々たる変動です)

モーターの交換時期が10月になるため、秋は予想がすこし難しくなります。

また、春は季節風が吹くので向かい風が増えます。

同じく冬も季節風が吹きますが、こちらは追い風です。

ボートレース唐津(唐津競艇場)を得意とする選手

唐津の勝率の高い選手をご紹介します。

今からご紹介する選手を基軸に舟券を買えば、儲かること間違いなしです!

地元である佐賀支部のエース、峰竜太選手

競艇選手の代表格とも呼べる峰竜太選手ですが、佐賀支部に所属しているため唐津がホームグラウンドの会場となっています。

そのため、最も出場回数が多いのが唐津です。

にも関わらず、直近3年の会場別三連対率が9割を超えています。

唐津は高配当の出やすい会場なので、峰選手を主軸に勝負すれば、比較的安易に高配当を得られるかも知れません。

全速ターンの申し子、秋山直之選手

全速旋回を得意とする秋山選手。

スピード水面である唐津では、全速ターンが決まりやすい会場です。

唐津は数々の会場でレコード記録を持つ秋山選手の持ち味が光る会場であるとも言えます。

勝率の高いモーターを引き当てた節では優勝候補とみても良いでしょう。

ターン巧者、篠崎元志選手

篠崎選手も全力ターンを得意とする選手です。

また、篠崎選手は小回りのターンも得意としているので、イン~アウトまで全てのコースで舟券に絡む可能性が高い選手です。

2・3号艇に番組されているレースであれば、頭軸にしても良いかも知れません。

ボートレース唐津(唐津競艇場)を得意とする選手は他にも居ます!

上記3名の他にも唐津を得意とする選手には、守田俊介選手、木下翔太選手、徳増秀樹選手、白井英治選手、坪井康晴選手がいます。

いずれの選手も、2017年5月~2020年4月の唐津での勝率が8割を超えています。

また、地元の佐賀支部に所属している選手で近年活躍が目覚ましいのが、峰選手の他に山田康二選手、上野真之介選手、深川真二選手、宮地元輝選手です。

地元選手は普段の練習で会場を使っているので、スタートの練度に優位性を持ちます。

ボートレース唐津(唐津競艇場)で確実に儲かる買い目とは!?

スピード水面の唐津では、「1-23-456」の6点買いがオススメです。

占有率が19.9%で、平均払戻金が2,236円になっています。

この6点はダッシュ勢が舟券に絡みやすいことを加味した買い目です。

特に追い風が強い日はダッシュ勢の中から思わぬ選手が舟券に絡むことが多いため、高額配当を見込めます。

スロースタート勢の機力などを判断材料にして「1-2-456」or「1-3-456」のどちらか3点に買い目を絞るのも有効な買い方です。

逆に風が弱い日はダッシュ勢の勝率が下がるので、「1-23-23」の2点を中心に買うのが良いでしょう。

1-23-23の占有率は13.4%、平均払戻金は1,248円です。

唐津は人気舟券寄りの着順で決まりやすい日とそうでない日がはっきりと分かれる傾向にあります。

レースが荒れている気配を感じた日は点数や購入額を抑えた買い方をしたほうが賢明と言えるでしょう。

まとめ:ボートレース唐津(唐津競艇場)は人気舟券が飛び出す日が狙い目

唐津は淡水のプール水面なので潮位を考慮する必要はありませんが、その代わりに恒常的に強い追い風が吹いています。

レイアウトがスピード水面であることに加えて、強い追い風でダッシュ勢の勝率がぐんと上がるため、中穴や大穴が多く飛び出しやすい会場です。

データが通用しにくい唐津で、闇雲に高配当を的中させようとしてもハズレの舟券を多く握らされるだけです。

唐津で「ローリスク・ミドルリターン」を目指すのであれば、1番~10番人気の舟券が的中続出している日を狙って、3着にのみダッシュ勢が1艇入ることを想定した買い方をするのがよいでしょう。