キーワード

2021年獲得賞金ランキング女子ベスト5!

競艇女子ボートレーサーの2021年の獲得賞金ランキングベスト5!

2021年もボートレース(競艇)は大きな盛り上がりを見せました。

中でも例年以上に目立ったのは女子レーサーの活躍でしょう!

調整力やレース技術の向上により、近年では男女の実力差も埋まってきているように感じます。

女子レーサーの獲得賞金は果たしてどのくらいなのでしょうか?

そこで今回は2021年の女子レーサー獲得賞金ランキングベスト5をはじめ、ベスト5に入った選手の成績や活躍した大会、特徴を紹介します!

第5位「渡邉優美」選手!

第5位は渡邉優美選手です!

獲得賞金は41,867,266円

2020年の獲得賞金ランキングは25位だったので2021年はまさに大ブレイク!

飛躍の年となりました!

2021年の年間成績

  • 【出走回数】309回
  • 【勝率】6.82
  • 【優勝】4回
  • 【優出】15回
  • 【1着】86回

2021年に活躍したレース

日付 グレード レース名 競艇場 結果
3/15 G3 オールレディース第15回蛭子能収杯 大村 優勝
7/30 G3 オールレディースジュエルセブンカップ 下関 優勝
8/10 G1 第35回レディースチャンピオン 浜名湖 3着
10/7 G3 オールレディース第37回渦の女王決定戦 鳴門 優勝
12/31 G1 第10回クイーンズクライマックス 福岡 5着

渡邉優美選手は8月のレディースチャンピオンで初のG1優出、結果3着、その勢いで12月のクイーンズクライマックスも優出を果たしました。

今までの選手人生の中で最も活躍した年と言って良いでしょう!

渡邉優美選手の特徴!

今までは実力はありながらも安定した結果を残せていないイメージでしたが、2021年は大きな成長の年となしました。

成長の要因は調整力の向上にあります。

10月にはボートレース芦屋で1分44秒8という高速上がりタイムを叩き出しました。

これは当地の現行エンジン最速タイムです。

2022年は調整力を活かし、さらなる活躍が期待されます!

第4位「守屋美穂」選手!

第4位は守屋美穂選手!

獲得賞金は42,944,000円

2020年の獲得賞金ランキングは1位なので順位は落ちてしまったものの、二年連続の5位以内ランクインは安定した成績を残せている証拠ですね!

2021年の年間成績

  • 【出走回数】274回
  • 【勝率】7.09
  • 【優勝】6回
  • 【優出】11回
  • 【1着】87回

2021年に活躍したレース

日付 グレード レース名 競艇場 結果
3/31 G3 オールレディースmimika賞 丸亀 優勝
9/24 G3 オールレディースJALカップ 若松 優勝
10/25 G2 津モーターボート大賞ウィナーズバトル 4着
12/31 G1 第10回クイーンズクライマックス 福岡 6着

守屋美穂選手は2021年、地元のボートレース児島で優出5回、優勝3回を果たすなど相性の良さを見せつけました。

常に安定した成績を残している選手ですので、2022年は初のG1制覇に期待です!

守屋美穂選手の特徴!

守屋美穂選手はインコースの成績が非常に良い傾向にあります。

過去には1コースの1着率が80%を超えていたこともありました。

スタートタイミングは0.18~0.22と平均くらいですが、それでも勝ててしまうのは周囲の選手の位置状況に対応できるターン技術の高さにあります!

第3位「田口節子」選手!

第3位は田口節子選手です!

獲得賞金は53,376,000円

2020年は12位でした。

2021年は勝率7.60、1着回数117回と女子レーサーの中で最も高い数字を残しました!

2021年の年間成績

  • 【出走回数】275回
  • 【勝率】7.60
  • 【優勝】6回
  • 【優出】17回
  • 【1着】117回

2021年に活躍したレース

日付 グレード レース名 競艇場 結果
6/5 G3 オールレディース第54回東京中日スポーツ杯 戸田 優勝
7/6 G3 平和島レディースカップ 平和島 優勝
9/19 G3 オールレディースLOVEFM福岡なでしこカップ 福岡 優勝
12/31 G1 第10回クイーンズクライマックス 福岡 優勝

2021年の田口節子選手で忘れてはいけないのはやはり全24場制覇でしょう!

9月に開催されたオールレディースLOVEFM福岡なでしこカップで優勝し、女子レーサー初の全24場制覇を達成。

12月のクイーンズクライマックス優勝戦では2コースから華麗なまくりを決め、全24場制覇を達成した思い出の地で見事G1優勝を果たしました!

この結果賞金1,500万円を獲得。

獲得賞金ランキングも4位から3位に浮上しました。

田口節子選手の特徴!

田口節子選手の特徴はなんといってもレースの安定感にあります!

逃げはもちろん、まくりもまくり差しも上手く、どのコースからでも舟券に絡んでくる実力を持っています。

唯一の弱点と言えば、スタートでしょう。

スタートタイミングは0.16前後と決して早いとは言えず、事故も多い印象です。

それでも道中の技術はトップクラスであり、安定した成績を残せています。

第2位「平高奈菜」選手!

第2位は平高奈菜選手!

獲得賞金は54,257,000円でした。

2020年も4位と常に優秀な成績を残し続けているイメージがありますね!

2021年の年間成績

  • 【出走回数】300回
  • 【勝率】7.31
  • 【優勝】6回
  • 【優出】17回
  • 【1着】95回

2021年に活躍したレース

日付 グレード レース名 競艇場 結果
1/25 G3 オールレディースジュエルセブンカップ 下関 優勝
4/27 G3 オールレディース競走レディース笹川杯 常滑 優勝
6/17 G3 オールレディース第32回アクアクイーンカップ 住之江 優勝
11/19 G1 京極賞開設69周年記念競走 丸亀 2着
12/31 G1 第10回クイーンズクライマックス 福岡 3着

平高奈菜選手の活躍が目立ったレースと言えば、11月のG1京極賞でしょう。

女子レーサー史上3人目の男女混合G1制覇の偉業達成まであと一歩のところまで迫りました。

7月に行われたG2全国ボートレース甲子園でも優出を決めるなど、男子レーサーに混じったレースでの活躍が目立ちました。

平高奈菜選手の特徴!

平高奈菜選手の特徴は男子レーサー顔負けの攻めたレースにあります!

攻めの姿勢はスタートはもちろん、道中の競り合いなどにも大きく表れます。

攻めたスタートが多いためフライングも多い印象ではありますが、豪快なまくりや一度スピードを落としてのまくり差しの技術は光るものがあります。

第1位「遠藤エミ」選手!

堂々の第1位は遠藤エミ選手です!

獲得賞金は64,398,000円

遠藤エミ選手は女子レーサーの中でも活躍が目立つ選手ですが、2020年は11位であったため今年の1位は大躍進と言えますね!

優勝回数7回優出回数18回は女子レーサーの中でトップの数字です。

2021年の年間成績

  • 【出走回数】281回
  • 【勝率】7.50
  • 【優勝】7回
  • 【優出】18回
  • 【1着】104回

2021年に活躍したレース

日付 グレード レース名 競艇場 結果
5/23 G3 西部記者クラブ杯争奪徳山オールレディース 徳山 優勝
8/10 G1 第35回レディースチャンピオン 浜名湖 優勝
9/5 G3 オールレディース三国レディースカップ 三国 優勝
11/28 G2 レディースチャレンジカップ 多摩川 優勝
12/7 G1 第3回BBCトーナメント 鳴門 4着
12/31 G1 第10回クイーンズクライマックス 福岡 2着

獲得賞金1位ということもあり、2021年の遠藤エミ選手の活躍はかなり目立ちました!

8月のG1レディースチャンピオン優勝、11月のG2レディースチャレンジカップ優勝、12月のクイーンズクライマックス2着と大きなレースでも常に好成績を収めました。

2022年は男女混合G1などの制覇が期待されます!

遠藤エミ選手の特徴!

遠藤エミ選手は成績を見ても分かる通り、非の打ちどころがない選手です!

スタートタイミングも0.15と安定していて、どのコースからも舟券に絡む実力を持っています。

最大の武器は調整技術によるスピード力でしょう!

女子レーサーの中ではもちろん、男子レーサーに混じっても常に好成績が狙える選手です。

まとめ:2022年の獲得賞金ランキングにも注目しよう!

今回は2021年の女子レーサー獲得賞金ランキングベスト5を紹介しました!

2021年は田口節子選手の全24場制覇であったり、平高奈菜選手の男女混合レースでの好レースなど女子レーサーの活躍が目立つ一年となりました。

2022年こそ男女混合レースを制覇する史上3人目の女子レーサーが現れるかもしれません。

2022年は2021年も上位だったレーサーが上位を占めるのか、新星が現れるのか、どのようなランキングになるか今から目が離せません!

ヒコ
父親が競艇好きで小さいころから競艇に触れて育った。 大人になってから舟券を買うようになり、的中率と競艇愛は必ずしも比例しないことを痛感。 レース結果を調べるのが日課となっている。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

公式LINEアカウント
公式LINEアカウント

関連する記事