キーワード

G1徳山クラウン争奪戦で寺田祥が転覆失格!予選1位は原田幸哉に

G1徳山クラウン争奪戦で寺田祥が転覆失格!予選1位は原田幸哉に

ボートレース徳山(徳山競艇場)で開催中の「G1開設68周年記念 徳山クラウン争奪戦」で、得点率1位を誇っていた寺田祥(てらだ・しょう)選手がまさかの転落失格に…!

代わってトップに躍り出たのは原田幸哉選手です!

レースの詳細や、本日13日開催の準優勝戦出走メンバーをチェックしましょう!

寺田祥選手が転覆失格で得点率トップから13位に

5月9日から開催中の「G1開設68周年記念 徳山クラウン争奪戦」にて、3日目まで得点率トップに立っていた寺田祥(てらだ・しょう)選手が転覆失格により得点率が13位まで後退してしまいました…!

ターン直後に羽野直也選手と接触!転覆失格に

事故が起こったのは4日目9R。寺田祥選手は6号艇での出走でした。

2周目の2マークにて、ターン直後に3号艇・羽野直也選手と接触。これにより寺田選手は転覆し、選手責任の転覆失格と判定されました。

選手責任の転覆とはどのような事を指すのでしょうか?ここで、基礎知識を振り返ってみましょう!

選手責任の転覆失格とは?

競艇(ボートレース)では、失格となった場合に「選手の責任によるものか、そうではないか」を判定され、それにより事故点が決まります。例えば、不可抗力だと判定された場合は選手責任外となり、減点にならないこともあります。

今回の寺田祥選手は選手責任と判定されたので、減点となりました。ちなみに、レース中の転覆による舟券の返還は基本的にありません。

代わって原田幸哉選手が予選トップ通過に!

寺田祥選手に変わって、「G1開設68周年記念 徳山クラウン争奪戦」予選トップ通過を果たしたのは原田幸哉選手です!2位は菊地孝平選手、3位は魚谷智之選手となっています。

原田幸哉選手は、「PG1マスターズチャンピオン」を優勝したばかり。勢いに乗ってこのまま優勝に向かうのか!?

5日目10R~11Rの準優勝戦の出走メンバーを見てみましょう!

10R準優勝戦の出走メンバー

  • 【1号艇】魚谷智之(兵庫支部)
  • 【2号艇】茅原悠紀(岡山支部)
  • 【3号艇】新田雄史(三重支部)
  • 【4号艇】大上卓人(広島支部)
  • 【5号艇】柳沢一(愛知支部)
  • 【6号艇】上平真二(広島支部)

11R準優勝戦の出走メンバー

  • 【1号艇】菊地孝平(静岡支部)
  • 【2号艇】太田和美(大阪支部)
  • 【3号艇】山田祐也(徳島支部)
  • 【4号艇】山口剛(広島支部)
  • 【5号艇】中島孝平(広島支部)
  • 【6号艇】村上遼(長崎支部)

12R準優勝戦の出走メンバー

  • 【1号艇】原田幸哉(長崎支部)
  • 【2号艇】吉川元浩(兵庫支部)
  • 【3号艇】羽野直也(福岡支部)
  • 【4号艇】白井英治(山口支部)
  • 【5号艇】寺田祥(山口支部)
  • 【6号艇】村上遼(長崎支部)

強豪揃いの準優勝戦、勝ち進むのはどの選手でしょうか!?いまから結果が楽しみですね!

ちくわ
ちくわが好物。テレビCMやラジオ番組でボートレースの魅力を知り、興味津々な20代初心者女子。 未来の一攫千金を夢見て、現在一生懸命勉強中です!

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

LINE@

友達追加はこちら