キーワード

SG「第69回ボートレースダービー」2022が常滑で開催!「概要・注目選手・攻略情報」を紹介!

SG「第69回ボートレースダービー」2022が常滑で開催!「概要・注目選手・攻略情報」を紹介!

SG「第69回ボートレースダービー」が2022年10月25日から10月30日まで、ボートレース常滑(常滑競艇場)で開催!

今年のSGも残すところあと3回、今回はボートレースで最も歴史と格式のある大会だ!

グランプリ賞金王がかかったこの年末にトップレーサー達がかつてない熱い戦いをするから大注目!

目次

SG「ボートレースダービー」ってどんな大会?

2022年10月25日から10月30日にかけて、SG「第69回ボートレースダービー」が開催!

今年も残すところ2か月、「グランプリ(賞金王決定戦)」に向けて最後の戦いがはじまるんだなと思うとワクワクしてくるね。

今年の開催地はボートレース常滑!

概要を簡易的にまとめたよ。

  • 日程:2022年10月25日(火)〜10月30日(日)
  • 会場:ボートレース常滑(常滑競艇場)
  • 賞金:3,900万円

正式名称は「全日本選手権競走」で、ボートレース(競艇)で最も古い大会となっており、SG競走の中でも最も格式の高い「GRANDE5」の一つだね。

イン側が有利でスタート巧者が勝つことが多いボートレース常滑という事で、非常にハイレベルな戦いが見られそう。

常滑で開催されるのは8年ぶり、どんな戦いが見られるかな!

SG「ボートレースダービー」の出場資格

最も歴史があって格式の高い「ボートレースダービー」の出場資格は物凄く厳しい!

出場条件と選出除外条件を以下にまとめていくね。

  • 【優先出場条件】
  • 前年度優勝者
  • 前年のグランプリの優勝戦出場者
  • 直前のSG競走であるボートレースメモリアルの優勝者

  • 【出場条件】
  • 選考期間内で勝率上位の選手
  • 開催年の後期がA1級であること
  • 出走回数が160走以上であること

  • 【選出除外条件】
  • 前回のボートレースダービーから開催年のボートレースメモリアルのSG優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした場合
  • 開催年のボートレースオールスターから開催年のボートレースメモリアルのSG準優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした場合
  • 負傷や病気による出場辞退があった場合
  • 選考期間から前検日までに褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた場合

SG「ボートレースダービー」の歴代優勝者

過去10年の優勝者をまとめたから見ていこう。

開催年 開催地 優勝選手 決まり手
2011年 平和島 池田浩二 逃げ
2013年 平和島 瓜生正義 逃げ
2014年 常滑 仲口博崇 決まり手
2015年 浜名湖 守田俊介 逃げ
2016年 福岡 瓜生正義 逃げ
2017年 平和島 深川真二 差し
2018年 蒲郡 守田俊介 逃げ
2019年 児島 毒島誠 逃げ
2020年 大村 深谷知博 逃げ
2021年 平和島 平本真之 逃げ

様々な選手がしのぎを削って優勝争いしてるけど、やはり注目したいのは瓜生正義選手!

過去3回優勝していて、近年も何度も優出をしているね。

さらに、常滑での勝率は8.00近いのもあって物凄く相性がいい!

とはいえ、SGは何が起こるかわからない。

なぜなら、全ての選手がA1級で艇界を代表するレベルの選手だから次の項目で注目したい選手もあげていくね!

SG「第69回ボートレースダービー」の注目選手

今大会、絶対に注目したい選手を紹介していくよ!

注目選手:池田浩二(いけだ・こうじ)選手

  • 登録番号:3941
  • 生年月日:1978年4月3日
  • 身長:170cm
  • 体重:53kg
  • 血液型:O型
  • 支部:愛知
  • 出身地:愛知県
  • 登録期:81期
  • 級別:A1級

地元愛知支部所属でボートレース常滑(常滑競艇場)といえばやっぱり愛知のスーパースター池田浩二選手が注目選手筆頭!

常滑での成績では通算出走回数883で1着数は403、さらに通算勝率は脅威の8.00超え!

「ボートレースダービー」は2011年の優勝以来、制覇できてないけど常滑であれば間違いなく優勝候補筆頭といっていいと思うね。

今年は6月に唐津で開催されたSG「第32回グランドチャンピオン」でも優勝していて、波に乗っているから期待したい。

注目選手:毒島誠(ぶすじま・まこと)選手

  • 登録番号:4238
  • 生年月日:1984年1月8日
  • 身長:162cm
  • 体重:55kg
  • 血液型:B型
  • 支部:群馬
  • 出身地:群馬県
  • 登録期:92期
  • 級別:A1級

おそらく、今年のSG全ての記事において注目選手としてあげているのが毒島誠選手

現在、艇界において間違いなく最高の選手の一人であることは間違いないからね!

静水面でスピード勝負になる傾向がある常滑との相性は良さそうだけど、実際にはあまり成績が奮っていないかな。

ただし、直近の常滑での成績は良さそうだから期待したい!

今年はG1で2度優勝していて、SGでもしっかりと結果を出せていてグランプリに向けて賞金を稼いでおきたいところだから、かなり気合の入ったレースが見れそう!

ボートレース常滑完全攻略

  • 水質:海水
  • 流れ・水位の変化:なし
  • チルト: -0.5、0、0.5、1、1.5、2、3

ボートレース常滑(常滑競艇場)は、海水利用でありながら密閉されているのでプール型の静水面になるよ。

特徴を以下にまとめたから、しっかり覚えていこう!

  • 広くて静水面であることから基本的にインコース有利
  • 水質が柔らかく体重差が出にくい
  • 秋~冬にかけては向かい風が多いので風向きと風速に注意
  • 強い向かい風が多いのでフライングも多いので強風時は注意
  • 1マークのバックストレッチが広いのでスピードの乗せたターンを決めやすい
  • スタート時の順位が反映されやすいので注目

必ず事前に気象情報とスタート展示を確認して予想するのが大事!

風とスタートに注目しよう!

大会期間中にチェックしたいキャンペーン!

  • プレミアム電話投票キャンペーン

「ボートレースダービー」の開催期間中には、SGお馴染みの電話投票キャンペーンがはじまる!

大会期間中に節間「10,000円以上」舟券を電話・ネット投票で舟券を購入すると4Kテレビやギフトカード、豪華な飲食物や家電製品が当たるよ。

豪華賞品の一覧は以下の通り。

  • A賞:SONY 4K 液晶テレビ
  • B賞:VJAギフトカード5万円分
  • C賞:三菱電機 炊飯器 「炭炊釜」
  • D賞:DAIKIN ストリーマ 空気清浄機
  • E賞:四代山田常山作 朱沼泥ティーポット
  • F賞:SHARP 加湿空気清浄機
  • G賞:盛田 子乃日松 超特選大吟醸1.8L
  • H賞:JCBギフトカード1万円分
  • I賞:サッポロ黒ラベル350ml 1ケース
  • J賞:かねふく からし明太子45g
  • とこなめ黄金伝説電話投票キャンペーン

さらに、5,000円以上購入した場合には抽選で10,000円が当たるキャッシュバックキャンペーンがある!

ボートレース(競艇)では、定期的にキャッシュバックキャンペーンがあるから必ず公式サイトをチェックしておこう!

常滑の予想に強い競艇予想サイトを紹介

競艇予想サイトでは「無料予想」が無料で利用できる

SGで大注目のレースを見事的中させたい!!
でも自分ではどう予想していいか分からない!?
という方におすすめしたいのが「競艇予想サイト」!!

競艇予想サイトとは、その名の通り競艇の予想をしてくれるWEBサイトのことだよ!

予想サイトには実は無料で利用できる「無料予想」というものがあり、会員登録すれば誰でも無料で予想を閲覧することができるんだ。

予想サイトはちょっとこわい、、って方でも、無料で利用できるから安心して楽しむことができるよ!

「常滑競艇場」で良く無料予想を当てている予想サイトがある

フネラボでは毎日、競艇予想サイトが提供している無料予想を公開してそのデータを記録している。

集計したデータの中から、特に今回のSG開催場である「常滑競艇場」での予想成績が良い競艇予想サイトを導き出したよ!

それは、、(ドラムロール)、、、『競艇ダイヤモンド』だ!!

的中率が66.7%で、回収率はなんと148.5%だ!!(2022年10月24日現在)

無料予想でここまで高い回収率を出せるのは本当にすごいよ!

SG期間中、競艇ダイヤモンドが常滑の予想を出していたら大注目の買いレースになりそうだね!!

まとめ:年末の超激熱レース「ボートレースダービー」に大注目!

今回はSG第69回「ボートレースダービー」の「概要・注目選手・常滑の攻略情報」を紹介した!

今年の終わりまで残すところあと2か月、残るSGは「ボートレースダービー・チャレンジカップ・グランプリ」のみとなったね。

賞金王を目指してトップレーサーが気合の入ったレースを見せてくれて盛り上がるはず!

絶対に見逃しちゃいけない戦いになるよ!

源田
ボートレース始めたばかりの初心者。 スポーツをやるのは苦手だが、スポーツ観戦が好きで今はesports、サッカー、野球にハマっている。 ボートレースにハマった結果、最近は海外のスポーツのギャンブルにも興味を持っている。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

公式LINEアカウント
公式LINEアカウント

関連する記事

人気のコラム