キーワード

プライベートでは釣りに乗馬にアクティブな女子ボートレーサー藤原早菜選手!未勝利ながらも3連対に絡める実力者!

競艇(ボートレース)におけるスジとは?スジ舟券の一覧とその解説!

今回の記事ではデビュー2年目でB1級に昇格したばかりの藤原早菜選手を紹介していきます。

ボートレース児島の近くで生まれ育った藤原早菜選手は一体どういう選手なのでしょうか。
デビュー戦や藤原早菜選手が行っているSNSなどを詳しく紹介していきます。

未勝利ながらも3連対に絡める実力者の藤原早菜選手をチェックしていきましょう!

目次

藤原早菜選手のプロフィール

ボートレース児島が実家の近くにあったという藤原早菜選手。
小学生のころから水泳と乗馬をやり、高校では陸上のジャベリックスローという競技で全国大会にまで行ったそうです。

  • 登録番号:5189
  • 生年月日:2000年10月9日
  • 身長:159cm
  • 体重:50kg
  • 血液型:A型
  • 支部:岡山
  • 出身地:岡山県
  • 登録期:128期
  • 級別:B1級

そんな藤原選手がボートレーサーになろうと思ったきっかけは、お父さんだそうです。
小学生の時には帰宅するとお父さんとサッカーやキャッチボールなどをして、常に体を動かしていたそうです。

本人もボートレースの音や、モンキーターンなどを見てボートレーサーに憧れていたそうです。
そうした経緯もあり、将来は選手になるものだと思い、高校は全寮制の体育科へ進学したそうです。

【藤原早菜選手の同期選手】

  • 飛田江己選手
  • 鰐部太空海選手
  • 村上宗太郎選手
  • 藤本紗弥香選手
  • 武井莉里佳選手

藤原早菜選手の経歴

全寮制で体育科のある高校を卒業後、3度目の受験で養成所に受かった藤原早菜選手。

デビュー戦は2021年5月27日ボートレース下関で行われた日本財団会長杯争奪準優進出バトルの初日2Rでした。
初勝利はまだですが、最近では2連対率、3連対率も上がってきています。

藤原早菜選手のデビュー戦

藤原早菜選手のデビュー戦は2021年5月27日にボートレース下関で行われた日本財団会長杯争奪準優進出バトルでした。
こちらのレースはナイターレースですが、藤原選手の出場した2Rはまだ日の出ている時間でした。

しかし、この日のボートレース下関は強風に見舞われ安定板を使用してのレースとなりました。

  • 1号艇:石川諒(32歳・B1級)
  • 2号艇:横井光弘(52歳・B1級)
  • 3号艇:貫地谷直人(39歳・B1級)
  • 4号艇:胡本悟志(43歳・B1級)
  • 5号艇:志道吉和(44歳・B1級)
  • 6号艇:藤原早菜(20歳・B2級)

出場選手が全員B級だったこのレースですが、藤原選手の引いたモーターも決して悪いものではなく、十分に勝ちを狙える試合でした。

しかし、初めてのレースで安定板の使用というのはいささか難しかったのでしょう。
結果は「4-1-2-5-3-6」で6着でした。

藤原選手は自身でスタートが課題と言っているのですが、このレースでは1人だけスタートが0.6台と大きく離れているのでやはりスタートが苦手なのでしょう。
また安定板の使用や風速が強く、波高が高かったことも初出場の藤原選手にとっては難敵だったのかもしれません。

藤原早菜選手が4号艇から2着をとったオールレディースマクール杯

2022年12月1日からボートレース芦屋で開催されたオールレディースマクール杯に、藤原早菜選手も参戦していました。
初日5枠5着、6枠3着だった藤原選手は、2日目の8Rに出走しました。

  • 1号艇:矢野真梨菜(34歳・B1級)
  • 2号艇:香川素子(45歳・A2級)
  • 3号艇:細川裕子(40歳・A1級)
  • 4号艇:藤原早菜(22歳・B2級)
  • 5号艇:清水未唯(21歳・B1級)
  • 6号艇:中里優子(49歳・A2級)

A級選手に囲まれてのレースでしたが、藤原選手は頑張りました。

オッズでは1号艇の矢野選手はもちろん、A級の2号艇香川選手と3号艇細川選手が人気でした。
結果は「1-4-2」で藤原選手は4号艇から内枠の2号艇、3号艇を追い抜いての2着になりました。

A級選手相手でも立派に戦えることを示した、大事なレースでした。

藤原早菜選手の得意なコース

スタートが苦手と言っている藤原早菜選手ですが、デビュー当時と比べてもここ最近のスタートは安定してきているように思えます。

【コース別3連対率】

  • 1コース:データなし
  • 2コース:データなし
  • 3コース:50.0%
  • 4コース:10.0%
  • 5コース:6.9%
  • 6コース:3.7%

デビューしたばかりですので、1、2コースでのデータはありませんでしたが、3コースでの3連対率は50%と上々の成績を残しています。

混合戦での勝率はあまりよくはありませんが、女子戦での勝率は上がってきていますのでスタートが上手になれば上位を狙える選手になると思います。

藤原早菜選手は乗馬をしているので体幹がよい

藤原早菜選手は小学生の頃に乗馬を習っていて、今でも乗馬を続けているそうです。
乗馬はボートレースが好きだったお父さんの勧めで、体幹を鍛えるために始めたそうです。
体幹が鍛えられている藤原選手は、コーナーでの争いや混戦に強そうですね。

藤原早菜選手がやっているSNS

藤原早菜選手はtwitterとinstagramの2つのsnsで活動報告をしています。

twitterでは主にレースの予定やレーサーとしての活動報告がメインです。
instagramではレース活動のほかに、趣味の乗馬や釣りの報告も行っているようです。
特に馬の写真は多く、プライベートでは犬を飼っている藤原選手は相当の動物好きだと思いました。

また釣りの画像も多く投稿されており、大きな魚を多く釣り上げていることから釣りの腕前も良いのでしょう。

藤原早菜選手の個人的ニュース

スタートもよくなり、勝率も上がってきている藤原早菜選手ですが個人的に悩んでいることもあるそうです。
一体どのような悩みがあるのか見ていきましょう。

会う人会う人に野球選手に似ていると言われる藤原早菜選手

藤原早菜選手はもちろん女性なのですが、デビュー直後は巨人の「坂本勇人選手」に似ていると言われたり、同じく巨人の「杉内俊哉選手」に似ていると言われていたそうです。

twitterのアカウントでは自分から比較の画像を出しているのですが、確かに目元や口元、それに表情がそっくりですね。

とはいえ、女性ですからいくら有名とはいえ野球選手に似ていると言われて嬉しいかどうかはわかりませんが。
少なくとも藤原選手本人は、ネタに出来るくらいには自分でも似ていると感じているようです。

東京支部所属の藤原菜希選手に間違われる

ボートレースにはA1級の女性レーサーで藤原菜希選手という選手がいるのですが、藤原早菜選手はその選手とよく間違われるそうです。

とはいっても、間違えるのは舟券を買うお客さんで、藤原菜希選手の舟券を買うつもりが藤原早菜選手の舟券を買ってしまったというものだそうです。
これには藤原選手も苦笑いで、少しでも早く藤原早菜としてお客さんに舟券を買ってもらえるようにこれからも頑張りますと言葉を残していました。

まとめ:未勝利ながらも外枠から3連対率に絡める藤原早菜選手は有望!

  • デビュー2年目でB1級の藤原早菜選手
  • デビュー戦は安定板使用のレースで残念ながら6着
  • 初勝利はまだだが2着になることが増えてきてこれからに期待が持てる

デビュー2年目でB1級に上がったばかりの藤原早菜選手を紹介してきました。
本人曰く、スタートが苦手だそうで実際、平均STは0.21と少し遅めです。

しかし、3、4コースからでも3連対に絡めるほどの実力を秘めている選手でもあります。

幼少期から身体を動かすのが好きで、高校では体育科にまで通った藤原早菜選手は運動神経がよいのでしょう。
スタートが他の選手と並んだ時にはきっと大活躍できる選手に成長するでしょう。

初勝利を挙げられる日が楽しみな選手です。

☆よく寝る子ちゃん☆
☆よく寝る子ちゃん☆
競艇界に降臨した新人バーチャルライターなのです~。 好きな事は寝ることで休日は13時間寝てます゚( *ˊᵕˋ) 出来るだけながーく寝る時間が欲しいので、競艇を頑張ってます☆ でも歴はそんなに長かったり~。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

公式LINEアカウント
公式LINEアカウント

関連する記事