キーワード

ボートレース浜名湖は巨大で超綺麗!SG第68回「ボートレースメモリアル2022」現地参戦レポート!

ボートレース浜名湖は巨大で超綺麗!SG第68回「ボートレースメモリアル2022」現地参戦レポート!

8月23日から8月31日にかけて、ボートレース浜名湖ではSG第68回「ボートレースメモリアル2022」が開催されました!

東京から意外と近く、2時間半でいけるボートレース浜名湖。

SGが開催されるなら、行ってみたいと思い現地参戦敢行です!

今回は、ボートレース浜名湖SG「ボートレースメモリアル2022」の会場の様子や予想とレースの結果、現地観戦の感想を紹介します!

目次

東京からボートレース浜名湖へ向かう

SG第68回「ボートレースメモリアル2022」を現地観戦すべく、まずは東京からボートレース浜名湖へ向かいます!

ボートレース浜名湖の最寄駅は東海道線「新居町駅」

東京から新幹線で浜松駅まで行き、乗り換えて少ししたら到着、所要時間は2時間半くらいでした。

意外と近いですね! 乗り換えも少なくて助かります。

関東地区のボートレース桐生に行ったときよりも近くて楽でした。

「新居町」駅から徒歩5分と駅からも近い

ボートレース浜名湖は最寄駅である東海道線「新居町駅」から徒歩5分で到着します。

ボートレース場は駅から遠いところも多く、送迎バスが出ていたりもしますがボートレース浜名湖は駅からかなり近い

これもかなりありがたいですね。

当日は若干の雨模様でそれだけが残念でしたが、歩いていたらいよいよ目的地のボートレース浜名湖が見えてきました!

ボートレース浜名湖到着!SGムード全開!

雨に降られながらも、無事ボートレース浜名湖に到着! いざ入場です。

第1レース開始よりもかなり前に到着したからか、雨模様だからかは分かりませんが意外と人はまばらです。

それでも会場内では、「大変混雑しております」というアナウンスが。

まーマニュアル通りでしょうか。笑

数時間後にはもっとたくさんの人が来場しているだろうし。

僕がなぜ早めに到着したかというと、先着150名限定のオープニングセレモニーが見たかったから。

しかし、地元の人たちがやはり強い!

会場30分前に到着も締め切られていました

残念…!

ボートレース浜名湖は巨大で綺麗

オープニングセレモニーを見れなくなり時間が空いたため、ボートレース浜名湖場内の散策をしてみました。

ボートレース浜名湖に来て一番最初に思ったことは、施設が巨大でめちゃくちゃ綺麗

綺麗なボートレース場は本当に快適な空間です。

また、施設は巨大で解放感があるため、雨なんて気にならないほど気持ちよく過ごせました。

SGということで大きな横断幕やグッズ販売、SG特設コーナーがあったりと場内はお祭りのような盛り上がりを見せていました!

やっぱりSGというだけで気分が上がります。

来てよかった!

なんと施設「内」にフードカーが

僕が最もお祭り気分を感じたポイントは、たくさんのフードカーです!

それも、ボートレース浜名湖の施設「内」に並んでいました!

施設内にあるのは意外!

考えてみればボートレース浜名湖は言わずと知れたグルメなボートレース場。

名物のウナギや餃子など、さまざまなグルメが販売されていました。

これはお酒が飲みたくなります!

グルメに夢中になりすぎるあまり、フードカーやフードの写真を取り忘れてしまう失態。

反省します。笑

人気芸人のトークライブも開催されていた

SGといえばイベントですね!

ボートレース浜名湖では人気お笑い芸人マテンロウのアントニーさんや、鬼越トマホークのお二人がトークショーを行っていました。

でも、観客はわりと少ない印象…。笑

ボートレースを見に来ている人たちには意外と刺さらないのでしょうか。

素直にグラビアアイドルなどを呼んだほうが人は集まりそうですね。

あーでも、子供連れを呼びたいならそれにはそぐわないか…。

難しいところですね。

プロボクサー「村田諒太」選手の展示も

ボートレース浜名湖では、プロボクサー「村田諒太」選手の記念品展示会も併せて開催されていました!

村田選手といえばSG中継に出るほどの競艇好きとして知られています。

ボートレース宮島で開催されたSG「ボートレースオールスター2022」でも村田選手の展示会がありましたね。

これからもボートレースと村田選手の関係性に注目しましょう!

ボートレース浜名湖は子供連れでも楽しめる!

ボートレース浜名湖は子供連れでも楽しめるボートレース場であることが分かりました!

それは、場内にある「Mooovi浜名湖」というキッズスペースがめちゃくちゃ充実しているから!

この日もお昼前には大混雑しているほどの人気ぶりで、赤ちゃんから小学校低学年くらいの子供たちが元気よく遊んでいました。

場内に親の目が届く遊び場があるのは子供連れの方には非常にありがたいですね。

SGだからかこの日はものすごい混んでましたが、通常開催の日ならもう少し落ち着いてそう。

家族みんなで遊びに来ても十分楽しめそうです!

SG名物!?「VRスプラッシュバトル」もあった

最近ボートレース場でよく見るのが、「ボートレースVRスプラッシュバトル」です。

なんのことか簡単に説明すると、VR空間で実際にボートレーサーの気分を体験できるゲームです!

本物のボートレースを忠実に再現しているため、ハンドルやスロットルがあるのはもちろん、直線時には姿勢を低く、ターン時には重心を傾ける「モンキーターン」をするのがベストなんだとか。

もちろんこちらもお子様と一緒に楽しめます

風や水しぶきも再現されているらしいので、子供は絶対に喜ぶでしょう!

レース開幕もいきなり万舟で会場は悲鳴!

ボートレース場に足を運んだならやっぱり生でしか味わえない興奮を味わいたい!

ということで小雨が降っていながらも外でレースを観戦しました。

モーターの爆音、大きな引き波、水しぶきと大迫力。

やはりボートレースは一度は現地で観戦してもらいたいものです!

僕は1、2レースのみ舟券を購入。

まずは第1レース。

1号艇は福岡から参戦の西山貴浩選手。

今年はかなり調子が良く、切り込み隊長としても1コースからしっかり逃げてくれるのではという予想のもと、「1-24-2456」の予想。

いざレースが始まります…!

1号艇の西山選手…なんとスタートで半艇身ほどの遅れを取ってしまい、そのまま2号艇新田雄史選手にまくられる形となりました…。

結果は「2-4-6」でいきなり万舟

場内からは大きな悲鳴が上がっていました…。

トホホ…。

2レース目も参戦するが…3万舟発生!

続く第2レース。

1号艇は磯部誠選手。

実力はもちろんモーターの調子も良さそうで、こちらを軸に。

「1-26-全」で勝負してみます。

いざレースがスタート、スタートは真ん中3艇がかなり遅れを取る形に。

これは壁が無い…逃げられない…!

と思ったらなんと6コースに入った5号艇前田将太選手が展開を突く見事なまくり差し

これは流石にノーマークです!

結果的には「5-2-3」でなんと3万舟と大惨事!

さきほどよりも大きな悲鳴が場内に響き渡りました。

やはりSG…そう簡単には行きませんね…。

舟券ははずれてしまったものの、やはりSGレースのレベルはすごい。

中途半端な穴目よりも、3万舟が見れたことをラッキーと思い退散です。

ボートレース浜名湖は東京からも近い!家族でも楽しめるオススメスポット

僕はのんびりしながら第4レースまで観戦後、帰路に付きました!

11時くらいから徐々に増え始めた来場者は、12時過ぎになるとさらに増え続けていました

車はガンガン入ってきて、駐車場も埋まる勢いです。

ちなみにレースをじっくり観戦できる有料席はお昼前には完売していました。

さすがはSGです!

さて、今回ボートレース浜名湖を訪れた感想はこちら!

  • ボートレース浜名湖は巨大で綺麗!
  • 東京から2時間半と意外とすぐいける
  • 子供も楽しめる施設もあり、家族でも楽しめる
  • 餃子やウナギなど、グルメも堪能できます

ボートレース浜名湖は東京から近く、東京のボートレース場よりどこか温かみを感じました。

家族で楽しめたりグルメが豊富な点や、なにより場内が綺麗なのはポイントが高いです!

静岡県に旅行に行った際にふらっと立ち寄るのもいいかもしれませんね!

ヒコ
父親が競艇好きで小さいころから競艇に触れて育った。 大人になってから舟券を買うようになり、的中率と競艇愛は必ずしも比例しないことを痛感。 レース結果を調べるのが日課となっている。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

公式LINEアカウント
公式LINEアカウント

関連する記事