キーワード

12年ぶりSG開催に盛り上がるボートレースからつ!「グランドチャンピオン2022」現地参戦レポート

12年ぶりSG開催に盛り上がるボートレースからつ!「グランドチャンピオン2022」現地参戦レポート

6月21日よりボートレースからつ(唐津競艇場)でSG「グランドチャンピオン」が開催されています!

2021年にリニューアルされ「ホテル並みに綺麗な競艇場」として名高いボートレースからつ

行くなら12年ぶりのSG開催となる今しか無いでしょう!

SGの熱狂ぶりを堪能すべく、東京から弾丸ツアーで参戦してきました。

唐津観光から、会場の様子、現地予想の結果まで、独断と偏見ですがレポートします!

目次

初日参戦すべく、前日から唐津入り

まず先に言わなければいけないです。

マジで唐津は遠い

東京から行くとなると当然空路なわけですが、佐賀空港はめちゃくちゃアクセスが不便。

なので福岡空港からのアクセスになります。

もったいないから格安航空券を使う私は成田からの発着。すごい早い&遅い。つらい。

そして福岡空港から唐津は、1本とはいえ電車で1時間半強かかります。

成田まで2時間弱、飛行機1時間半、電車1時間半ちょい、なんだかんだで6時間見ないといけません。

いやー遠いね!

なので前日から唐津に入ることにしました。

前日唐津市観光→翌日朝から会場入り→14時ぐらいに撤退、のスケジュールです。

まずは腹ごしらえ。地元民にも愛される海鮮丼を食す

朝5時すぎに自宅を出発した私、お昼過ぎに唐津駅到着。

まずは腹ごしらえです。

事前調査の結果、地元民にも愛される海鮮丼のお店「魚処 亀山」に直行。

1,800円の特上海鮮丼定食を食します。

これがとんでもなく美味い・・・!!!

都内で食べたら間違いなく3,000円後半はすると思われる内容。アジが…アジが美味いのです!

土日限定のQアジ刺し定食、食べたかったなぁ。

お昼時しかやってないのと、地元の方も通う有名店なので、早めの時間から行列覚悟で行きましょう。

  • ~「魚処 亀山」の住所~
  • 佐賀県唐津市中町1875-1

唐津に行ったら行くしかない、それが唐津城

唐津の観光名所はずばり「唐津城」

市の中心からほど近いところにあります。

4月~5月が見ごろの藤棚がすごく綺麗。ですがもう咲いてませんでした。そりゃそうです。

咲いてるときはこんなにキレイです。鬼滅の刃みたい・・・。

唐津城の中を観覧すれば、唐津の歴史が丸わかり(写真は撮影できませんでした)。

また天守閣からの眺めは絶景

当日はあいにくの天気でしたが、もう一つの観光名所「虹の松原」もばっちり拝めます。

また唐津といえば有名なのは「唐津焼」

唐津城内にも展示されてました。

唐津の一番のオシは「唐津くんち」のようです。時期は11月初め。

SG開催が絡んでたら見てみたいものですね。

  • ~「唐津城」の住所~
  • 佐賀県唐津市東城内8-1

どうせならイイとこ泊まる!天然温泉旅館「綿屋」

せっかく遠くから来たんです。日々の疲れも癒したい。私、宿には糸目を付けません。

そこで唐津唯一の温泉旅館「綿屋(わたや)」に宿泊しました。

雰囲気最高…!

内風呂あり!

お食事豪華!

贅沢な時間を頂きました。

ありがとうございます。

ちなみに温泉は「ナトリウム塩化物・硫酸潮泉」で神経痛・筋肉痛などの痛みに効くそうです。

宿泊しなくても入れます。

唐津駅から唐津城の中間地点、歩いて15分ぐらいです。ぜひお立ち寄りを。

  • ~「綿屋(わたや)」の住所~
  • 佐賀県唐津市大名小路5-10

6月21日(火)いよいよ現地へ

さていよいよ参戦です。

ボートレースからつは普段はモーニングレース開催なのですが、SG開催ということで9時半からの開場です。

さらに初日は選手紹介式があるので9時開場。これが盲点でした。後に後悔します

ちなみに選手紹介式は事前抽選で、応募しましたがハズれました。うーん残念。

ところがなんと。当日朝から佐賀県には大雨警報が発令されるという超悪天候。

大丈夫かなと心配してましたが、8時には解除、そして9時には薄日も差して来ました。

良かったです…!

そして現地到着。ド平日なのに…!

9時過ぎに旅館を後にしてタクシーで現地に向かった私。

ボートレースからつは2021年11月にリニューアルされて、「ホテル並みの施設」と言われるほどの施設とのこと。

どれだけすごいのだろうかとわくわくしていたところ…

でかい!

むちゃくちゃ綺麗!

清潔!

平和島競艇・多摩川競艇しか知らない私はぶったまげました。

新しいにおいがぷんぷんする、とてつもなく綺麗な施設です。

施設についてはこちらで詳しく説明しますが、広くて清潔なキッズエリア・フードコート、イベントホール以外に、ボルダリングジム・ブックカフェ、さらには音楽スタジオにキッチンスタジオまであるという充実ぶり!

地元の人の集いの場になってるんでしょう。

いやはやすごい施設です。

そして後悔した、というのが、初日9時開場だったので、到着した9時20分ごろにはテーブル席・ロイヤルシートともに完売

火曜日ですよ?ド平日ですよ?なんで?

結局一般席での観戦となりました。ですが一般席もものすごい綺麗です。

ここで充分でした。

SG開催地には設置されるんでしょうね。VR体験マシン

予約でいっぱいで乗れませんでした(笑)

唐津SGグランドチャンピオン2022は悲しいことに地元不在

参加選手の横断幕。

唐津ホームの佐賀支部と言えばスーパースター「峰竜太」選手ですが、不祥事発覚で出場ならず

唯一の地元選手だった「深川真二」選手でしたが、3日前の6月18日に「家事都合」で欠場となりまして、地元勢ゼロでの開催となりました。

もったいないことですが、いたしかたなしです。

ですがこれだけ混んでます!良いですか、ド平日の午前中ですよ!

ちなみに、準優勝戦・優勝戦の土曜日・日曜日は事前抽選で当選した人しか会場入りできません。

来てもムダになるのでご注意を。

もう一つ驚いたのは、競艇場名物の「予想屋さん」が一つもないことです。

リニューアル前はずらーっとあったそうですが、今は1軒もありません。

行政の力が働いたのかな…?

予想屋さんがいないことで、競艇の怪しげなイメージは全くなし。女性も子供連れでも安心して来れる、そんな競艇場でした。

SGグランドチャンピオン、2Rから予想参戦!…だが…

練習してました。

撮影許可やら施設内撮影やらで1R参戦を逃してしまった私ですが、2Rから予想開始しました。

「唐津は年中追い風」みたいな記事が多いんですが、この日はほぼ無風状態。

雨も降ったりやんだり、降っても小雨程度。非常に安定した水面でした。

なので当然インが有利だろうと考えた私は、2Rでこんな予想。

3着を流したのは、SGだから何が来てもおかしくないよなーと思ったから。

4号艇が結構良い足だったので、1-4-全が本線、2-4-全ならデカイぞ、という感じでした。

で、スタート。

第一ターン、撮影できませんでしたが、1-2-34で入ったんです。4の伸びでまくれば…と思いきや

はい、4号艇転覆

救助艇。見れてラッキー。

なわけないだろ。。。

ということで、結果は1-2-3。1番人気790円お見事なトリガミとなりました。

すみません、この後は省略しますが、3R~5Rまでやって、いやー全敗。

特に4Rなんて、進入変わって、変わったインコース2艇がスタート失敗して万舟と、荒れました。

さらに7Rでは11万舟が出て、会場大騒ぎ

こういうのは現地でないと味わえませんね!楽しいです!負けてますけどね!

お昼は1Fの広いフードコートで。

写真では伝わらないかもですが、すごい混雑してます。

レース観戦しながら食べれるのでこっちにずっといる人もいたんじゃないだろうか。

ちなみに舟券投票は2Fじゃないとできないです。

晴れてたら外観戦が絶対オススメ

そんなこんなであっという間に時間は過ぎ、飛行機の時間もあるため、15時前に撤退しました。

ボートレースからつは最高の施設。とはいえ…

15時前に撤退した私は、無料バスで東唐津駅に移動。

東唐津駅から電車で福岡空港まで。

そこから空路で成田、高速バスで都内に帰ってまいりました。22時でしたよ。疲れたなぁ。。。

さて感想です。

  • 唐津競艇場は最高の施設。また行ってみたい
  • SGの人出をなめてはいけなかった。
  • 現地観戦はやっぱり楽しい!負けても楽しいよ!悔しくないよ!
  • 晴れてたらもっと良かったけど、致し方なし。

で、こっからが本音。

やっぱり唐津は遠いです。今回のようにSGが開催されてなければ、なかなか行けないなぁというのが本音。

そして唐津はのんびりしてていいところだけど、観光地ではない

唐津特産品もないのかな?お土産は福岡土産が多かった。

なので、福岡滞在で、1時間半かけて電車でくるか、車で来るかが吉です。

とはいえ、ボートレースからつの施設の充実っぷりは驚くばかりです。可能なら何回でも行ってみたい。

「競艇なんてネットでいいよ」と思っている諸君。

特に九州在住なら、機会を見てぜひ行って欲しい。

家族でもデートでもかなり楽しめるよ!

でも次のG1は12月なんだね。11月にやってくれれば、唐津くんちも見れるのにね。もったいない。。。

来場記念でもらえるおまんじゅう(自宅撮影)。

おいしくいただきました。

じょっぱりケンタ
当サイト管理人。20年勤めた会社にリストラされ仕方なく独立。競艇歴は2年。バツイチ娘もち。結婚はしたくないが家政婦は欲しい。70年代生まれ、青森県出身、東京都在住。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

公式LINEアカウント
公式LINEアカウント

関連する記事