キーワード

4艇が転覆!?ボートレース戸田(戸田競艇場)で事故発生

4艇が転覆!?ボートレース戸田(戸田競艇場)で事故発生

5月5日にボートレース戸田(戸田競艇場)で行われた一般戦「第32回ウインビーカップ」準優勝戦で、4艇が転覆するというアクシデント発生!

選手たちに怪我はなかったようなので安心ですが、3連単・3連複は不成立となり、4519万2,000円が返還となりました。

この記事では、ウインビーカップ準優勝戦の様子や、競艇(ボートレース)での転覆事故について紹介します。

4艇転覆!?「第32回ウインビーカップ」準優勝戦での様子

「第32回ウインビーカップ」準優勝戦の出場選手を見てみしょう。

  • 【1号艇】中澤和志選手(埼玉支部・A1級)
  • 【2号艇】佐藤翼選手(埼玉支部・A1級)
  • 【3号艇】中村尊選手(埼玉支部・A2級)
  • 【4号艇】佐竹友樹選手(埼玉支部・B1級)
  • 【5号艇】栗原直也選手(埼玉支部・B1級)
  • 【6号艇】山崎義明選手(埼玉支部・A1級)

全て地元埼玉支部の選手が出場するレースです。どのような状況で4艇が転覆したのか、見ていきましょう。

第1マークで4艇転覆!選手に怪我はなし

まず、第1マークで攻めていった3号艇・中村尊選手と、1号艇・中澤和志選手が続けて転覆。それに続く2号艇・佐藤翼選手5号艇・栗原直也選手が影響を受け転覆してしまいます。これにより3連単、3連複は不成立となりました。

結果として事故艇を避けた6号艇・山崎義明選手が1着、4号艇・佐竹友樹選手が2着となり、2連単の払戻金は22,230円となりました。

なお、転覆した選手に怪我はなく、最終日のレースには参加予定です!

中村尊選手と中澤和志選手は不良航法を伴う転覆のため賞典除外に!

始めに転覆した3号艇・中村尊選手と1号艇・中澤和志選手は不良航法を伴う転覆のため賞典除外となっています。

準優勝戦で不良航法となると賞典除外になり、優勝戦含む賞典レースには出走不可となります。

ちなみに、2020年4月より人身事故抑止策として不良航法の減点は-7点から-10点に変更されています。それほど、レース中に起こる事故は危険であることが分かりますね。

基本的に転覆は返還の対象にならない

競艇では、スタート後の転覆、落水、エンストなどは基本的に返還の対象外となります。

今回の事故では、4艇の転覆によりそもそも3連単・3連複が成立しなくなったため、返還が行われました。

転覆は死亡事故に繋がりかねない危険な事故

今回紹介したレースでは4艇が転覆となったものの怪我人も出なかったので良かったですが、転覆は死亡事故にも繋がるほどの危険な事故です。

転覆で選手が水に投げ出されることにより、後続の艇に轢かれたり、プロペラに巻き込まれて大怪我を負ったり、様々な危険にさらされることになります。

競艇(ボートレース)で転覆は珍しくない!?

競艇では、波の影響を受けて転覆する場合がよくあります。特に海水を利用した水面や、強風の影響を受けやすい水面では、転覆が起こりやすいです。または、前を走ったボートが立てた波の影響を受け、転覆することもあります。

今回は怪我人が1人も出なかったので良かったですが、レース中の転覆は死亡事故にも繋がりかねない危険な事故だということが分かりました。 選手たちの安全を願って、これからも競艇を楽しみたいですね!

ちくわ
ちくわが好物。テレビCMやラジオ番組でボートレースの魅力を知り、興味津々な20代初心者女子。 未来の一攫千金を夢見て、現在一生懸命勉強中です!

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

LINE@

友達追加はこちら