キーワード

「PG1マスターズチャンピオン」史上最高配当22万9630円飛び出す!

「PG1マスターズチャンピオン」史上最高配当22万9630円飛び出す!

ボートレース下関(下関競艇場)で開催中のPG1「第22回マスターズチャンピオン」3日目(22日)に、大会史上最高配当である3連単22万9630円の大万舟が飛び出しました!

大万舟となったのは7Rで、丸尾義孝選手が6コースからのまくり差しを決め快勝!

早速、レースの内容を詳しくご紹介します!

大波乱!大外の丸尾義孝選手勝利で3連単22万円超え!

3連単22万円超えという大会史上最高配当が飛び出したPG1「第22回マスターズチャンピオン」3日目7R。このレースにはどんな選手が出場していたのか、出走表を見てみましょう!

  • 【1枠】石川真二選手(福岡支部)
  • 【2枠】吉川元浩選手(兵庫支部)
  • 【3枠】山本英志選手(東京支部)
  • 【4枠】大場敏選手(静岡支部)
  • 【5枠】原田幸哉選手(長崎支部)
  • 【6枠】丸尾義孝選手(徳島支部)

トップスタートの5号艇・原田幸哉選手の攻めを受け止めた4号艇・大場敏選手がまくりに出ると、大外から6号艇・丸尾義孝選手がまくり差しで先頭へ。そのまま駆け抜けゴール!

【1着】6号艇・丸尾義孝選手【2着】4号艇・大場敏選手【3着】5号艇・原田幸哉選手となりました。

ちなみに、原田幸哉選手は3日までの3戦すべて3着という結果に。伸びはトップ級だと言われるエース候補機を獲得したこともあり、今後のレースにも注目です!

3連単は118番人気の22万9630円に!

このレースの結果、3連単「6-4-2」は118番人気の22万9630円に。オッズを確認してみると、6号艇・丸尾義孝選手の1着予想は、どれも600倍以上のオッズがついています。

この数値からも、かなり大波乱のレースになったことが分かります!これもまた、競艇の醍醐味ですね…!

今回勝利となった丸尾義孝選手のプロフィールを見ていきましょう!

丸尾義孝(まるお・よしたか)選手のプロフィール

  • 【生年月日】1968年6月6日(52歳)
  • 【身長】161cm
  • 【体重】53kg
  • 【支部】徳島
  • 【出身地】徳島県
  • 【登録期】61期
  • 【登録番号】3333
  • 【級別】A1級

丸尾義孝(まるお・よしたか)選手は、徳島支部所属の現在52歳の選手。SG競走での優勝経験はありませんが、G1競走では2回の優勝を誇る選手です。

コース別3連対率を見ると、6コースからでも53.3%という数値をマークしており、どのコースからでも1着を狙える実力を持つ選手だということが分かります。

今回の勝利に丸尾義孝選手はにっこり。それでも「欲は言わず現状維持で」と語り、残りのレースにも気合が入っている様子でした!

メインレースでも万舟飛び出す!第22回マスターズチャンピオンから目が離せない!

マスターズチャンピオンは45歳以上の選手しか出場できないレースなので、2日目には「新世代選抜戦」という45歳の新人6名によるレースが設けられています。2日目(21日)に行われたこの「新世代選抜戦」でもオッズ122.2倍の万舟が飛び出しています!初日の万舟券は計3本、2日目は計5本でした。

第22回マスターズチャンピオンは、4月25日(日)まで。本日含め残りの2日間、どんな戦いが繰り広げられるのか、優勝は誰の手に渡るのか目が離せません!ぜひ、レースをチェックしてみてくださいね!

ちくわ
ちくわが好物。テレビCMやラジオ番組でボートレースの魅力を知り、興味津々な20代初心者女子。 未来の一攫千金を夢見て、現在一生懸命勉強中です!

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

LINE@

友達追加はこちら

人気のコラム