キーワード

東日本大震災から10年・競艇(ボートレース)に与えた影響は?

東日本大震災から10年・競艇(ボートレース)に与えた影響は?

2021年3月11日、東日本大震災からちょうど10年が経ちました。

競艇場(ボートレース場)では黙とうが行われるなど、選手含め様々な競艇関係者たちがそれぞれの思いを巡らせました。

この記事では、10年経った今、選手や関係者たちがどんな思いを抱えているのか、東日本大震災が競艇にどんな影響を与えたかなどについて紹介します。

東日本大震災から10年 各競艇(ボートレース)場で黙とうが行われる

2021年3月11日、各競艇場(ボートレース場)で地震が発生した14時46分に、選手と関係者によって黙とうが行われました。

宮城県出身の田中定雄(たなか・さだお)選手は、「東北では最近また地震が増えてきているし心配」「早く落ち着いてほしい」と思いを巡らせ、埼玉支部所属の安達美帆(あだち・みほ)選手は「復興はまだまだ。私たち選手に少しでも何か支援できたらと思っている」と語りました。

江戸川のピットリポーターを務める、福島県二本松市出身の瀬戸沙織さんは、自身のブログの中で「思い出すと今でも心が締め付けられるような思い」「平和で安心して生活ができるよう願ってやみません」と語っています。

東日本大震災が競艇(ボートレース)に与えた影響

2011年に発生した東日本大震災は、競艇(ボートレース)にも大きな影響を与えました。

当時、3月11日に行われていたレースの開催を打ち切り、全国すべての競艇場が3月14日から3月末まで開催中止となりました。

日本モーターボート競走会は義援金として10億円を拠出し、4月1日以降に開催されるレースを「東日本大震災被災地支援競走」として順次再開。

電力事情に配慮し、ナイター競走は当面中止(4月25日より順次再開)となりました。

SG「ボートレースクラシック(総理大臣杯)」も中止に

この年、戸田で開催予定だった5大SG競走のひとつであるボートレースクラシック(総理大臣杯)も中止となりました。

これに代わるSG競走として、被災地の復興を支援することを目的に2011年8月には「SG東日本復興支援競走」が開催され、総理大臣杯に出場予定だった52名の選手(フライング休みにあたる選手は除外)が出場となりました。

ボートレース桐生が損傷・場外販売施設も被害を受ける

群馬県みどり市にあるボートレース桐生(桐生競艇場)では、施設が破損するなど競艇場の中で最も被害を受けました。

また、全国にある場外販売施設「ボートピア」は、東北エリアを中心に大きな被害を受けました。

守田俊介(もりた・俊介)選手がSG優勝賞金を東日本大震災に全額寄付

競艇に関する東日本大震災に関するニュースで、こんな明るい出来事もありました。

滋賀支部所属・A1級の守田俊介(もりた・俊介)選手は、2015年にダービー初制覇をした際、優勝賞金の3500万円を東日本大震災に全額寄付したのです!

当時、守田選手自身に東日本大震災の被害はなかったものの、報道される映像にショックを受け、「何か役に立てることはないか」と現地まで足を運んだそうです。

その時から、「SGを優勝するようなことがあったら全額寄付する」と決めていたそうです。

3500万円全てを寄付するというのは、なかなかできない行動だと思います。

有言実行する守田選手、とても格好いいですね。

競艇界にも様々な影響を与えた東日本大震災。

10年が経った今でも、「何かの役に立ちたい」と願い実際に行動に移す選手も居るなど、それぞれの思いを抱えて生きていることが分かりますね。

ちくわ
ちくわが好物。テレビCMやラジオ番組でボートレースの魅力を知り、興味津々な20代初心者女子。 未来の一攫千金を夢見て、現在一生懸命勉強中です!

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

LINE@

友達追加はこちら

人気のコラム