キーワード

平和島競艇場で全艇フライング発生!驚異の1800万円全額返還!

全艇フライング

2021年2月23日、平和島競艇場(ボートレース平和島)で行われたレースで全艇集団フライングが発生しました。

これにより発売した舟券1872万8000円が全額返還

売上はゼロ円に…!

運営側にとって計り知れない損失となりました。

この時のレースの全貌から過去に起きた全艇集団フライングのエピソードまで紹介します。

2021年2月23日平和島1Rでの全艇集団フライングの全貌!

まずは今回の全艇集団フライングが起きた時の状況についてお話します。

【日時・レース】2021年2月23日 平和島1R(安定板使用)

【返還額】1,872万8000円

【状況】朝から風速7mを超えるホーム向かい風が吹いていた

強風に負けまいと勢いが出すぎた結果、起きてしまったフライングのようです。

このレースに出走した選手、フライングの秒数を以下に記します。

【1号艇】広瀬聖仁選手(+0.04秒)

【2号艇】竹腰正樹選手(+0.02秒)

【3号艇】山田亮太選手(+0.03秒)

【4号艇】豊田訓靖選手(+0.04秒)

【5号艇】中島航選手(+0.08秒

【6号艇】小巻良至選手(+0.08秒

+0.08秒の中島航選手と小巻良至選手は非常識なフライングとし即日帰郷となりました。

「出遅れ」であれば強風や荒波などの気象条件が大きくレースに大きく影響を及ぼす場合、選手責任外と判断されペナルティの対象とならないことが稀にあるみたいですが、フライングには選手責任外が存在しないのですね。

過去にあった衝撃的な全艇集団フライングエピソードを紹介!

今回平和島競艇場(ボートレース平和島)で起きた「全艇フライング」は2019年6月16日津10R以来、2年ぶりの出来事となりました。

この時も風速5mの向かい風が吹いていたそうで、風の影響でスタートが難しくなることがわかりますね。

ちなみに5艇以上がフライングをするとレースは中止になります。

このような集団フライングでレースが中止になるケースは年に数回あるみたいです。

ここで、競艇界を代表する近年の衝撃的な全艇集団フライングエピソードとして2018年2月の宮島競艇場(ボートレース宮島)でのお話をしたいと思います。

【2018年2月5日宮島9R】競艇史上初、全艇が非常識なフライング!?

今から3年前、2018年2月5日宮島9Rにて全艇が0.05秒以上の非常識なフライングにより、6名全員、即日帰郷処分になるという出来事がありました。

2013年11月に0.05秒以上のフライングを即日帰郷とする「非常識なフライング」の制度ができて以来初めてのこと。

その時出走していた選手、フライングの秒数は以下の通りです。

  • 【1号艇】吉島祥之選手(+0.09秒)
  • 【2号艇】原田智和選手(+0.05秒)
  • 【3号艇】上村純一選手(+0.05秒)
  • 【4号艇】山本修次選手(+0.05秒)
  • 【5号艇】角山雄哉選手(+0.08秒)
  • 【6号艇】河野主樹選手(+0.19秒

新人の河野選手の大幅なフライングが他の選手にまでフライングを誘発してしまったのです。

1人の選手がフライングをすることによって周りがつられてしまうことがあるのですね…。

このレースの売上863万200円は全て返還となりました。

【2018年2月6日宮島5R】翌日またもや全艇集団フライングの悲劇が…!

悲劇はまだ続きます。

なんと翌日2018年2月6日宮島5Rに負傷して欠場となった1号艇を除く5艇が全艇フライングとなったのです!

2日連続で起きた全艇フライングの悲劇。

このレースでは796万600円が全額返還となりました。

2日連続で全艇フライングとなるのは競艇史上初の出来事だったようでYahoo!ニュースでも取り上げられました。

まとめ:今後のフライングの対策に注目!

本来1,872万8000円だったはずの売り上げが全額返還によってゼロ円になってしまったので選手がフライングをすることで運営側に甚大な損失をもたらすことがわかったかと思います。

フライングのペナルティが厳しいのも納得できますね。

フライングをすれば一定期間のレース出場停止はもちろん、最悪の場合引退勧告を下されてしまうことだってあるのですから…!

そうなれば選手本人だけではなく応援しているファンや家族にとっても悲しい出来事となってしまいます。

今回の全艇フライングは強風によるものだったので、レースを中止にする気象条件も見直したりと今後運営側の対策を強化する必要がありそうです。

ゆん
地元は夢の国ディズニーランドがある千葉。現在、都内在住の在宅ワーカー(30)引きこもっていたら競艇にハマってしまいました。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。

LINE@

友達追加はこちら

人気のコラム