キーワード

ボートレーサー(競艇選手)を引退!今村豊選手についての情報や会見および優勝回数や賞金額を公開

今村選手引退

人気ボートレーサー(競艇選手)の今村豊選手は2020年10月8日に引退を発表しました。

1981年にデビューし、多くのレースで優勝経験がある今村豊選手は歴史に残る活躍をしています。

こちらの記事では、そんな今村豊選手の現役時代でのレースの特徴や、優勝歴・賞金額および、ボートレーサー(競艇選手)からのコメントを紹介してきます。

ボートレーサー(競艇選手)を引退した今村豊選手とは?

現役を引退した今村豊選手についてのプロフィールからレースの特徴、SGレースの優勝歴を紹介していきます。

今村豊選手の1981年5月のデビューから今までの活躍を振り返っていきましょう。

引退をした今村豊選手の基本情報・プロフィールを紹介

まずは、2020年10月8日に現役を引退した今村豊選手の基本情報を以下にまとめました。

  • 出身地:山口県
  • 生年月日:1961年(昭和36年)6月22日
  • 身長:163㎝
  • 体重:49kg
  • 血液型:A型
  • 登録番号:2922
  • 登録期:48期
  • 支部:山口

引退をした今村豊選手の得意は全速ターン

現役を引退した今村豊選手の得意レースは全速ターンです。

今村豊選手のスピードを落とさず全速でターンするレーススタイルは今村全速ターンと呼ばれており、現在ではほとんどのボートレーサー(競艇選手)がこの技を習得しています。

当時、コーナーではスピードを落とすとされていたボートレース(競艇)の常識を塗り替えたボートレーサー(競艇選手)の1人です。

SG優勝歴からみる引退をした今村豊選手の実力

続いては、現役を引退した今村豊選手のSG優勝実績をまとめていきます。

SG優勝歴をみると、今村豊選手の素晴らしいボートレーサー(競艇選手)としての実力がわかります。

  • 1984年5月ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)第11回笹川賞競走
  • 1987年10月ボートレース平和島(平和島競艇場)第34回全日本選手競走
  • 1988年10月ボートレース多摩川(多摩川競艇場)第35回全日本選手競走
  • 1990年10月ボートレース戸田(戸田競艇場)第37回全日本選手競走
  • 1992年8月ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)第38回モーターボート記念競走
  • 2004年3月ボートレース福岡(福岡競艇場)第39回総理大臣杯競走
  • 2010年8月ボートレース蒲群(蒲群競艇場)第56回モーターボート記念競走

ボートレース公式YOUTUBEから確認!ボートレーサー(競艇選手)今村豊選手の引退会見

今村豊選手の引退記者会見は2020年10月8日、SIX WAKE HALLで行われました。

実際の会見で今村豊選手が語ったことを以下にまとめました。

  • ボートレース(競艇)ファンに対してのコメント
  • ボートレース(競艇)の現役引退を決意した経緯
  • 今村豊選手の弟子である白井英治選手からのビデオメッセージ
  • 今村豊選手の奥様・弟子に引退を告げたこと
  • 今村豊選手がボートレース(競艇)で貫き続けたこと
  • 今村豊選手が現役・未来のボートレーサー(競艇選手)に願うこと

引退をしたボートレーサー(競艇選手)の今村豊選手について通算優勝回数と獲得賞金額は?

2020年10月に引退をした、ボートレーサー(競艇選手)の今村豊選手の実力がよりわかるように、通算優勝回数と獲得賞金額を紹介していきます。

引退をした今村豊選手のボートレース(競艇)通算優勝回数は142回

ボートレース(競艇)引退をした今村豊選手は39年間の現役生活の中で、通算優勝回数は142回です。

そのうち、SGレースでは7回の優勝を果たしています。

引退をした今村豊選手のボートレース(競艇)通算獲得賞金は約29億円

続いては、今村豊選手の通算獲得賞金額を紹介します。

2004年に公営競技選手初の生涯獲得賞金20億円を達成し、通算獲得賞金は29億4144万6172円でした。

ボートレーサー(競艇選手)から引退をした今村豊選手に向けてのコメントを紹介

多くの偉業を成したボートレーサー(競艇選手)の今村豊選手に向けて、ボートレーサー(競艇選手)からコメントがありました。

一部抜粋をして紹介していきます。

ボートレーサー(競艇選手)今村豊選手へ白井英治選手のコメント

まず紹介するのは、今村豊選手の弟子である白井英治選手のコメントです。

「僕、幸運が3つあると思ってるけど、その中1つは今村さんが師匠であったこと。」

「感謝しかないです。(今後は)ゆっくりされるのも良いでしょう。」

「僕の家から300メートルぐらいしか離れていないので、今村さんの家に遊びに行ったり、ゴルフに行ったり、今村ファンの代表として見守っていきたいと思います。」

ボートレーサー(競艇選手)今村豊選手へ毒島誠選手のコメント

続いては、現在も人気活躍中のボートレーサー(競艇選手)である毒島誠選手からのコメントです。

「自分が選手になる前からボートレース(競艇)を見ていて、その当時から大スターでした。」

「そんなすごい方と同じレースに出たり、一緒の時間を過ごせたことは誇りですし、ずっと背中を見させてもらってきました。」

「あんなに愛されて、素敵で強くてカッコいい人はいない。」

まとめ:ボートレーサー(競艇選手)を引退!レジェンドとして受け継がれる今村豊選手の意思

これまで、引退を発表したボートレーサー(競艇選手)の今村豊選手についての活躍や引退会見および、通算優勝回数や通算獲得賞金などについて紹介していきました。

今村豊選手は現役生活39年間で様々な偉業を成し遂げてきました。

例えば今では習得しているボートレーサー(競艇選手)が多い全速ターンはボートレース(競艇)界に激震が走るものでした。

今村豊選手を師匠としている白井英治選手や、人気選手の毒島誠選手からのコメントもあるように、今村豊選手が想うボートレース(競艇)への熱い想いは、今後も受け継がれることでしょう。

ブルーローズ
アミューズメント会社で働いていた経験があるためギャンブル経験はパチンコ・スロット。競艇にも興味を持ち始め勉強中。趣味はディズニー。世界各国のディズニーランドを巡るためギャンブルで稼いだお金を旅行費へ貯蓄中。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。