キーワード

PGI第7回ヤングダービー開催!開催会場や出場選手をチェックして予想を楽しもう

第7回ヤングダービー

2020年9月17日から22日にかけてボートレースびわこ(びわこ競艇場)で開催されるPGI第7回ヤングダービーについて解説していきます。

ヤングダービーは、30歳未満のボートレーサー(競艇選手)に出場権があります。

賞金1000万円を賭けて戦うレースに胸が熱くなりますね。

楽しく予想をするためにも、ボートレースびわこ(びわこ競艇場)の特徴や注目選手をチェックしていきましょう。

PGI第7回ヤングダービーとは若手レーサーを対象としたGlレース

ヤングダービーとは30歳未満の若手ボートレーサー(競艇選手)を対象としたGlのボートレース(競艇)です。

2014年に若手ボートレーサー(競艇選手)のNo.1を決めるために設立されました。

ヤングダービーに出場するには優先出場権獲得者などの条件もあるため、確認が必要です。

PGI第7回ヤングダービーの開催会場と開催期間を紹介

続いてはPGI第7回ヤングダービーが行われる開催会場と開催期間を紹介します。

  • 開催会場:ボートレースびわこ(びわこ競艇場)
  • 開催期間:2020年9月17日~9月22日

ヤングダービーの出場資格の対象は若手選手

ヤングダービーに参加ができる選手には条件があります。

選手除外項目も含めて解説していきますので、どのような選手が参加できるのか確認をしましょう。

優先出場権獲得者がヤングダービーの出場資格を持つ

ヤングダービーの出場資格があるのは以下の優先出場権獲得者のみです。

  • 前年度優勝者
  • イースタン・ウエスタンヤング優勝者(木下翔太選手・大山千広選手)
  • 選考期間内で勝率が上位の選手(磯部誠選手など)

ヤングダービー選出除外項目を解説

こちらでは、ヤングダービーに出場する選手が除外される項目をまとめています。

  • フライング休みが開催期間と重複する場合
  • 出走数140回未満の選手
  • 事故率0.40以上の選手
  • スタート事故による罰則期間が開催期間と重複する場合
  • イースタン・ウエスタンヤング優勝戦でスタート事故を起こした場合
  • 出場辞退した選手
  • 出場停止処分を受けた選手

PGI第7回ヤングダービーの賞金は1000万円

ヤングダービーの賞金は副賞含み1000万円です。

ちなみにボートレーサー(競艇選手)の平均年収は約1600万円です。

様々なレースを制する者が賞金王になる可能性が高いため、今回のPGI第7回ヤングダービーの優勝者にも注目です。

ヤングダービー歴代優勝者は関浩哉選手などの注目選手が多い

続いては、ヤングダービーの歴代優勝者を以下にまとめていきます。

  • 2014年:ボートレース戸田(戸田競艇場)桐生順平選手
  • 2015年:ボートレース尼崎(尼崎競艇場)松田祐季選手
  • 2016年:ボートレース常滑(常滑競艇場)松田大志郎選手
  • 2017年:ボートレース蒲群(蒲群競艇場)中田竜太選手
  • 2018年:ボートレース浜名湖(浜名湖競艇場)関浩哉選手
  • 2019年:ボートレース三国(三国競艇場)永井彪也選手

PGI第7回ヤングダービー開催会場ボートレースびわこ(びわこ競艇場)特徴をチェック

続いては、2020年9月17日〜9月22日に開催されるPGI第7回ヤングダービーの開催会場のボートレースびわこ(びわこ競艇場)の特徴を紹介していきます。

通常のレースではインコース有利になりますが、水面はうねり波乱なレースになることが多いことが特徴です。

ボートレースびわこ(びわこ競艇場)レースの特徴はうねりによるインコース弱め

ボートレースびわこ(びわこ競艇場)のレースの特徴は独特なうねりです。

うねりによりターンの暴れや乱れが起き、インが弱くなる傾向があります。

ボートレースびわこ(びわこ競艇場)にうねりが出る発生要因は以下の2つです。

  • 水位が高い時期に風が吹いている場合
  • 琵琶湖にクルーズ船が通過する場合

以上の場合にうねりが出やすいため、予めうねりを確認しておきましょう。

ボートレースびわこ(びわこ競艇場)水面の特徴は淡水で硬いため波乱なレースになる

ボートレースびわこ(びわこ競艇場)の水面は淡水で硬く、標高にも影響が出やすいことが特徴です。

さらにピットがスタンド側にあり、2マークまでの距離が70mと短いため、枠なり進入が多い傾向です。

また、1マーク側はセンターポールからの振りが13mなので若干大きいことが特徴です。

以上のことから、ボートレースびわこ(びわこ競艇場)でのレースはインが斜めに入る形になるため1コースが不利になります。

PGI第7回ヤングダービー注目選手をチェックして予想に活かそう

続いては2020年9月17日〜9月22日に行われるPGI第7回ヤングダービー注目選手について紹介します。

注目は、イースタンヤング・ウエスタンヤング優勝の選手です。

注目選手の特徴も一緒に解説していきますので、予想の参考にしてみてください。

イースタンヤング優勝選手の木下翔太選手はインコースが得意

イースタンヤングで優勝した木下翔太選手は2015年5月24日にボートレース唐津(唐津競艇場)で開催された唐津ルーキーシリーズ第2戦で初優勝を飾りました。

デビュー期には4,02の勝率を残しているため、毎年Glの優勝候補に上がっています。

平均スタートタイミングは0.15で平均的ですが、インコースが得意で1コースになる場合は注目の選手です。

ウエスタンヤング優勝選手の大山千広選手はスタートが安定している

ウエスタンヤングで優勝した大山千広選手は2016年5月1日にボートレース若松(若松競艇場)で開催されたオールレディースJALカップで初優勝を飾りました。

男性のボートレーサー(競艇選手)と同じくらいハイスピードターンが特徴で3コースが得意です。

さらに、スタートが安定しておりスタート事故もないことが大山千広選手の安心できる特徴です。

まとめ:PGI第7回ヤングダービーが開催される会場の特徴や出場選手に注目して予想を行おう

これまで、PGI第7回ヤングダービーについて開催される会場や注目の出場選手および優勝賞金などを紹介していきました。

副賞を含み、賞金が1000万円のヤングダービーの開催会場はボートレースびわこ(びわこ競艇場)です。

開催日程は2020年9月17日〜22日なので、当日までに注目選手をチェックして楽しく予想をしていきましょう。

ブルーローズ
アミューズメント会社で働いていた経験があるためギャンブル経験はパチンコ・スロット。競艇にも興味を持ち始め勉強中。趣味はディズニー。世界各国のディズニーランドを巡るためギャンブルで稼いだお金を旅行費へ貯蓄中。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。