キーワード

「第66回ボートレースメモリアル」が開催!優勝賞金3,500万円は一体誰の手に!?

第66回ボートレースメモリアル

2020年8月25日〜8月30日の6日間にかけて「第66回ボートレースメモリアル」がボートレース下関(下関競艇場)にて開催されます!

今回行われる「第66回ボートレースメモリアル」は、新型コロナウイルスの影響により入場できるのは事前申し込みの当選者のみですが、この大会の魅力や注目ポイントをこのページではお伝えしていきます。

「ボートレースメモリアル」とは?

「ボートレースメモリアル」は、最高峰のクラスであるSG競走の1つとなっており、かつては「モーターボート記念競走」と呼ばれていました。

1955年に定めた「競艇記念日」の記念行事として開催されたのがはじまりで、長い歴史を持つ格式高いレースです。

優勝賞金は競艇における全レースで2番目に高い3,500万円です。

「ボートレースメモリアル」過去10年間の結果から分かる傾向をチェック!

開催年レース会場優勝選手決まり手
2010年蒲郡今村豊逃げ
2011年福岡瓜生正義まくり
2012年桐生瓜生正義逃げ
2013年丸亀毒島誠逃げ
2014年若松白井英治まくり
2015年蒲郡篠崎元志抜き
2016年桐生菊地孝平抜き
2017年若松寺田祥逃げ
2018年丸亀毒島誠逃げ
2019年大村毒島誠逃げ

ここで注目してほしいのがなんといっても決まり手! ここ10年間の内「逃げ」の決まり手で優勝が決まっているのが10回の内6回!圧倒的に多いことが分かります。

また、毒島誠選手と瓜生正義選手が2連覇を達成しており、特に毒島誠選手は今年3連覇がかかった大きなレースであることが分かります。

「第66回ボートレースメモリアル」の注目選手をチェック!

毒島誠

やはりまず注目すべき選手は、昨年一昨年と同大会を2連覇中の毒島誠選手。

この「ボートレースメモリアル」で2連覇中なので、この大会との相性が良いことは間違いないですし、優勝を修めた過去2年は1枠からのスタートで勝利しているので、枠番が気になるところですが、間違いなく注目されるべき選手です!

白井英治

下関推薦で出場する地元のエースである白井英治選手。

今年は本大会優勝に照準を合わせて調子を整えてきたそうで、「優勝するためにも2月と4月の下関両周年は絶対に獲って、メモリアルに集中したい」と話していた中、2月下関G1周年では優勝しており、今大会への意気込みは計り知れません。

峰竜太

峰竜太選手は、今年2020年7月に行われた「オーシャンカップ」で優勝を果たし、今乗りに乗っている選手の1人です。

2020年8月時点における峰選手の勝率は8.76、2連率は75%という高い成績を残しており、誰もが認めるこの選手のレースは注目ですね。

ボートレース下関(下関競艇場)のコースと水面の特徴をチェック!

ボートレース下関(下関競艇場)は、山口県下関市にある本州最西端の競艇場です。

建物はレンガのような壁と薄い青色の屋根が特徴的で、2017年より中国地方初のナイター専門のボートレース場となりました。

「海峡ドリームナイター」という愛称で競艇ファンから親しまれており、LED照明灯の位置が高いことから「1番明るいナイター」であるとの呼び声も高いボートレース場です。

そんな下関競艇場のオススメのグルメはなんといっても「くじらロール」で、下関のくじらをカツにしたサンドパンとなっており、定番の競艇メシです。

コースの特徴

ボートレース下関(下関競艇場)は、「最も乗りやすい」と言われるほど穏やかなコース。

その理由はコースの長さ!ピットから2マークまでが173mもあり、これだけの距離があれば深インする可能性は低いでしょう。

さらに本番ピットから大時計までの距離が320mもあります。

助走をつけるには十分すぎるほどの長さとなっているため、インコースに有利な作りとなっており、勝率は常に50%後半を超えているのでインコースには注目しておきましょう!

水面の特徴

ボートレース下関(下関競艇場) の水面は「海水」ですが、ボートレース下関の水面は1年中穏やかという特徴があります。

その理由は1マーク側にある堤防のおかげで、満潮でも干潮でも水が流れにくく、うねりが生じることがほとんどありません。

また「海水」なので体重差が出にくいため、重量選手の豪快な走りにも注目しておきましょう。

まとめ:「SGボートレースメモリアル」で競艇予想を楽しもう!

A1クラスの強豪選手が織りなすハイレベルなレースを見ることができる「ボートレースメモリアル」は、競艇ファンにとって夏のフィナーレとして最高の大会であるとしか言えませんよね!

会場に赴いて生での観戦はなかなか難しいですが、会場に行けなかった人は、自宅で公式ライブ映像やテレビ中継を観てこのレースを楽しんでいきましょう。

競艇予想を考える人たちは、自分で予想してみるのも面白いかもしれませんが、競艇予想サイトを使って予想してみるのも「当たって稼げる」いい機会かもしれませんのでぜひフネラボで自分に合った競艇予想サイトを探してみて下さい!

ねくすと
東京在住の新人ライター。趣味を広げるお金を稼ぐために競艇を始める。実際にボートレース場でレースを楽しむことが夢になるくらいのインドア人間。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。