キーワード

危険と隣り合わせ!競艇(ボートレース)で起こる事故とは

競艇(ボートレース)での事故

最近では有名俳優やお笑い芸人等のテレビCM起用により老若男女問わず人気を上げている競艇。
全選手の平均年収は約1600万円以上!
トップクラスの選手になると1億円以上も稼ぐと言われている。
最近は認知度の上昇、イケメンレーサーや女子選手の活躍により、競艇選手を目指す若者も増えてきているようだが、実は競艇選手は危険と隣り合わせという事を知って欲しい。
今回は競艇の楽しい面、華やかな面だけではなく、競艇の事故について取り上げてみようと思う。

時速70~80km、体感速度120kmの世界

競艇選手が操作するボートの時速は約70~80kmに達すると言われ、選手が感じる体感速度はおおよそ120kmにもなると言われている。

水面で行われている競技だから
『落ちても水だから平気』
『転覆なんて大したことないでしょ?』
そう思ってはいないだろうか?

水は”時速80km以上でぶつかった際、水面の変形が衝突のスピードに追いつかず、コンクリートと同等の硬さになると言われている。

シートベルト等も装着せずに猛スピードでターンを決める選手達にとって、ほんの少しバランスを崩した、ほんの少し操縦を誤っただけで、時速80kmでコンクリートに叩きつけられる危険ととなり合わせなのだ。

つまり、転覆や衝突等の事故で常に命を落とすリスクが伴っている。

危険は速度だけではない

勿論転覆や衝突も十分危険なのだが、それ以上に危険なのが、水中での”後続艇との衝突”や”プロペラへの接触”だ。

選手が乗っているボートは

  • 全長289.5cm
  • 全幅133.6cm
  • 重さは70kg(木製)

これだけ大きな木の塊が時速70kmOVERで衝突をしてくるだけでも恐ろしいのだが、更に”毎秒100回転”分間MAX”6000回転”に達するといわれるプロペラとの接触は大事故に繋がる。

プロペラとの接触で有名な例を上げると、競艇ファンなら一度は聞いた事のある、”艇王”や”不死鳥”と称された『植木通彦選手』の事故だろう。

「不死鳥植木」

1989年1月16日桐生競艇場で起きた大事故。
一周目第一マークで操舵ミスをし転覆をした後、水中で後続艇のプロペラが植木選手の顔面を直撃する。

この事故で植木選手は顔面を75針も縫う程の大けがを負うが、命に別条はなく、その後わずか3か月でレースに復帰!

並の人間なら怖くてボートに乗ることすらできなくなるような大事故だったが、植木選手は自分を奮い立たせる為、なんと事故を起こした『桐生競艇場』を復帰レースに選び、「不死鳥植木」「艇王」と称されるきっかけとなった。

その後見事復活を遂げ、生涯獲得賞金はなんと22億6184万2369円。
(現在歴代3位。引退当時競艇界で生涯獲得賞金が20億円を越えていたのは今村豊・松井繁を含む3人だけ)

引退後はボートレーサー育成所『やまと学校』の校長等を経て、一般財団法人日本モーターボート競走会の理事職に就き、現在は執行役員となり、競艇の発展に努めている。

このような大事故を減らす為、現在やまと学校では、『転覆時に何があってもハンドルから手を離してはいけない』と教えられるそう。

植木選手のように、大事故から輝かしい復活を遂げる選手がいる中で、実はこのような大事故で復帰ができたケースは少なく、プロペラにより両足を切断してしまった方や、事故により引退、または死亡してしまうケースも少なくはない…。

競艇での死亡事故

テレビやニュース等で大々的に報じられる事は少なかったが、実はここまで30名、訓練生を含めると32名の競艇選手が事故により亡くなっている。

競艇の歴史は60年余、華やかな競技だが、約2年に1人のペースで死亡事故が起きているという事実も知っておこう。

レース中の事故で亡くなった選手

登録番号 選手名 享年 出身 競技場 死亡年月日
302 西塔莞爾 29 三重 児島 S28.1.7
37 横溝幸雄 34 長崎 唐津 S28.12.24
863 大井手善信 20 佐賀 唐津 S29.2.25
591 中島常价 32 福井 琵琶湖 S37.1.6
1299 小笠原政敏 28 長崎 鳴門 S37.7.25
148 大西 昭 31 徳島 常滑 S38.7.9
1106 川染一夫 35 岡山 若松 S40.2.22
910 和泉定治 40 岡山 児島 S40.3.23
1874 中井紘司 24 東京 芦屋 S40.12.23
1371 半田弘志 29 群馬 若松 S43.5.14
262 中村五喜 34 広島 唐津 S43.10.14
2356 蛇山 清 23 徳島 鳴門 S45.11.1
1335 石塚一雄 35 静岡 平和島 S47.11.12
1100 池田 博 52 長崎 多摩川 S48.10.7
2189 筒井博利 31 徳島 若松 S52.9.30
2467 一瀬 隆 27 長崎 大村 S53.8.14
2310 花田龍美 34 埼玉 大村 S56.8.24
1747 勝股 勇 38 愛知 江戸川 S57.1.23
2753 安心院信行 30 大分 三国 S58.1.24
2482 宮本 力 37 栃木 江戸川 S60.1.3
3366 清水正博 23 群馬 桐生 S64.1.6
1822 水野定夫 48 愛知 江戸川 H5.11.22
3526 有吉貴之 27 山口 H9.9.4
1876 伊藤公二 55 香川 浜名湖 H10.3.23
2546 沢田菊司 48 愛知 平和島 H11.11.6
3196 木村厚子 38 埼玉 H15.5.25
4029 中島康孝 26 愛知 尼崎 H16.3.28
4048 坂谷真史 26 福井 住之江 H19.2.26
3861 岩永高弘 36 長崎 若松 H22.5.14
2988 鈴木詔子 52 東京 下関 H25.11.2

厳しい訓練学校を卒業しても、スター選手になれるのはほんの一握り。
また、その選手たちも常に危険と隣り合わせ、命をかけて戦っているという事を知ると、競艇選手の賞金や年収が高いのも納得せざるを得ない。

まとめ

今回は少し暗い話題についての記事になってしまったが、自分が購入したレースで不甲斐ない走りをしている選手がいると、ついついかっとなり野次を飛ばしてしまう事もあるのではないだろうか?
常に危険と隣り合わせ、あれだけ大きなプレッシャーの中で戦っている事を知ると、大きな心で競艇を更に楽しめるかもしれない。

競艇選手には野次では無く、大きな歓声をかけてあげてほしい。

よねじ
生きがいはギャンブル、趣味はデータ収集。 『ギャンブルは統計とデータで勝てる』がモットー。 打たない日でもパチスロに並びデータ収集は当たり前。 休日は競馬場、競艇場巡り。 勿論彼女いない歴×年齢。

記載の内容はあくまでもレポーター独自の見解であり、内容の正確性・再現性を保証するものではありません。紹介しているサイトのご登録・ご利用は自己判断でお願いします。