キーワード

現役選手も!競艇界のレジェンドレーサー大特集

現役レジェンドレーサー
現役レジェンドレーサー・松井茂と今村豊

競艇は昭和20年頃から続いている歴史ある公営競技です。歴史があるということは、それだけ数多くの選手が輩出していることでもあります。
その選手たちの中にはいわゆる伝説級の成績を残した“レジェンド”といわれる選手がいます。ということで今回は「競艇におけるレジェンドレーサー」についてランキング形式でご紹介していきたいと思います。

競艇レジェンドレーサーランキング

第5位:北原友次(引退選手)

歴代記念優勝回数:46回

登録番号1481
生年月日1940年5月2日
身長158cm
体重51kg
支部岡山
出身地岡山県
登録期5期
デビュー年1959年
引退年2005年
SG優勝回数7回
G1・PG1優勝回数39回
通算勝率6.74
通算勝利数3417勝

主要獲得タイトル

  • 総理大臣杯(1978年)
  • 笹川賞(1975年)
  • モーターボート記念(1975年、1984年)
  • 全日本選手権(1964年、1973年)
  • 全国地区対抗(1969年)

数々のタイトルを獲得しており、ボートレースの殿堂入りも果たした北原さん。競艇選手のレジェンドを語るうえで欠かせない選手の1人といえるでしょう。

※写真は「ボートレース大村 六十周年記念」より引用しました。

ボートレース大村 六十周年記念

第4位:今村豊(現役選手)

歴代記念優勝回数:54回

登録番号2992
生年月日1961年6月22日
身長163cm
体重49kg
支部山口
出身地山口県
登録期48期
デビュー年1981年
SG優勝回数7回
G1・PG1優勝回数46回

主要獲得タイトル

  • 総理大臣杯(2004年)
  • 笹川賞(1984年)
  • モーターボート記念(1992年、2010年)
  • 全日本選手権(1987年、1988年、1990年)
  • G1 新鋭王座決定戦(1987年)
  • G1 名人戦(2011年)
  • プレミアムG1 名人戦(2015年、2017年)

「艇界のプリンス」というあだ名で呼ばれており、今でも現役なレジェンド選手の1人です。

競艇選手になるきっかけは父親の「息子を競艇選手にしたい」という強い願望があり、それを受け入れる形で競艇選手になりました。

一時期は難病でレースを欠場することも多かった今村さんですが、それでもなおトップレーサーの1人として君臨し続けているという、まさに生ける伝説です。人柄も良く、今村さんを慕う後輩選手も多いといいます。

第3位:野中和夫(引退選手)

歴代記念優勝回数:56回

登録番号2291
生年月日1944年1月1日
身長159cm
体重55kg
支部大阪
出身地大阪府
登録期27期
デビュー年1969年
SG優勝回数17回
G1・PG1優勝回数39回
G2優勝回数1回
G3優勝回数4回
一般戦優勝回数71回
通算優勝132回
通算勝率7.50
通算勝利数2574勝

主要獲得タイトル

  • 賞金王決定戦(1988年、1992年、1993年)
  • 総理大臣杯(1991年)
  • 笹川賞(1974年、76年、87年、90年、91年、93年)
  • グラチャン(1995年)
  • オーシャンカップ(1996年)
  • MB記念(1974年、1979年、1985年)
  • 全日本選手権(1974年、1976年)
  • G1 名人戦(2001年)

期間最高勝率9.53やSGレースの制覇記録17回など、数多くのとんでもない記録を残しています。そして、野中さんが残した記録が未だに破られていないことから「モンスター」と呼ばれていました。

また、かなりの酒豪らしく、お酒を大量に飲む姿からもモンスターと呼ばれる理由の1つとなったそうです。自らを勝負師ではなく「勝ち師」と称していたことでも有名です。

第2位:松井繁 (現役選手)

歴代記念優勝回数:66回

登録番号3415
生年月日1969年11月11日
身長169cm
体重50kg
支部大阪
出身地大阪府
登録期64期
デビュー年1989年
SG優勝回数12回
G1・PG1優勝回数57回
G2優勝回数3回
G3優勝回数6回
一般戦優勝回数44回
通算優勝117回
通算勝率7.82
通算勝利数1986勝

主要獲得タイトル

  • 賞金王決定戦(1999年、2006年、2009年)
  • 総理大臣杯(2008年、2014年)
  • 笹川賞(1996年、2001年)
  • オーシャンカップ(1998年、2006年、08年、13年)
  • 全日本選手権(2009年)

競艇が盛んな近畿地区の絶対的なエース選手であり、「絶対王者」という異名を持っています。

選手ごとに苦手な競艇場がありますが、松井さんの場合は江戸川競艇場を苦手としており、今まで優勝したことがありません。
しかし、先述したように「絶対王者」と呼ばれるだけあり、多くの好成績を残すしているだけでなく、公益競技史上初の“生涯獲得賞金30億円突破”という驚異の実績を果たしています。

第1位:彦坂郁雄 (引退選手)

歴代記念優勝回数:77回

登録番号1515
生年月日1941年1月5日
支部東京
出身地静岡県
デビュー年1959年
引退年1988年
SG優勝回数10回
G1・PG1優勝回数67回

主要獲得タイトル

  • 賞金王決定戦(1986年)
  • 総理大臣杯(1974年、1982年、1988年)
  • 笹川賞(1978年、1983年)
  • MB記念(1972年、1982年)
  • 全日本選手権(1985年)
  • 全国地区対抗(1970年)

現役時代は「艇王」の異名を持っていた、まさにNo.1レジェンド選手です。競艇界に数多くの大記録を残している彦坂さんですが、主な記録だけでも以下の記録を保持しています。

  • 期勝率第一位回数:20回(歴代最多)
  • 連勝記録:37連勝(1970年3月22日〜同年4月22日までの期間 歴代最多)
  • 特別競走(SG・GI)優勝回数:77回(歴代最多)
  • 年間特別競走優勝回数:9回(歴代最多タイ)
  • 期勝率史上初の9点台:9.27(1970年後期)
  • 全24場特別競走優勝(史上唯一)
  • 優勝回数:179回(歴代最多)

そんなレジェンドの彦坂さんですが、1988年9月4日に部品持ち込みが発覚し、1年間の出場停止処分を受けました。

彦坂さん本人は、部品を持ち込んだことについては認めていますが、「レースには使用していない」と弁明しています。このことが原因で、最終的には引退することになりました。
現在では、実業家として日本だけでなく、海外にも進出しているそうです。

「艇王」の異名を持つレジェンド選手でしたが、競艇選手としての幕引きは意外とあっけなく、当時のファンは非常に残念に思ったことでしょう。

※記事内の成績は2018年12月末時点のものです。