競艇の基礎知識

競艇とは

競艇とはプロの選手たちによって行われるモーターボートの競技であり、「公営ギャンブル」の1つです。
公営ギャンブルには大きく分けて2つの括りがあり、地方自治体などが主催している「競艇」「競輪」「競艇」「オートレース」を公営競技と呼びます。そして、宝くじやサッカーくじ(toto)を公営くじと呼びます。

そして、公営競技の中では最も当たりやすいと言われているのが「競艇」です。
なぜならば、競艇は1レース6艇のみで行われるからです。競馬ならば最大で18頭立て、競輪ならば9人、オートレースは8車で行われます。単純に1レース6艇で、組み合わせも少ないという点から当たりやすいと言われています。

年々人気が上がる「競艇」

当たりやすいと言われている競艇ですが、人気のほうはどうなのでしょうか。他の3つの公営競技と合わせて見ていきましょう。

競艇

平成29年度の売上は1兆2063億6086万7100円だったと発表されました。これは前年比10.9%増で、利用者数については、2億8423万8737人と前年比で17.6%増だったようです。
売上、利用者数加しているのがわかります。

競馬

2017年12月29日にJRAが発表したデータでは、同年に行われた全レースの馬券売り上げは2兆7476億6248万4800円とのことです。これは前年比2.9%増で、6年連続で前年を上回ったといいます。
ただ、入場者数については、前年比で2%減の617万5238人ということでした。

競輪

2017年12月29日にJRAが発表したデータでは、同年に行われた全レースの馬券売り上げは2兆7476億6248万4800円とのことです。これは前年比2.9%増で、6年連続で前年を上回ったといいます。
ただ、入場者数については、前年比で2%減の617万5238人ということでした。

オートレース

平成28年度の売上は654億1626万6300円と前年比96.4%とのことです。
入場者数は153万8074人と前年比で92.8%と売上と同じく減少しているのがわかります。

このように集計年度に違いはありますが、競馬の売上規模が圧倒的だということがわかります。
しかし競艇も売上、利用者数を着実に伸ばしていることがわかります。

強いとすごい!競艇選手の年収

競艇選手は4つの階級に分かれており、それぞれ年収が変わってきます。

各階級による競艇選手の平均年収

階級平均年収選手数
A1級約3300万円320人
A2級約1800万円320人
B1級約1100万円700人
B2級約500万円250人

(2013年度)

A1級の選手になれば3300万円と非常に高い年収を稼いでいるようです。
一番下の階級のB2級の選手でさえ一般サラリーマンほど稼いでいるのがわかります。トップレーサーともなると2億を超える選手もいるそうです。

ちょっと学問的に、競艇の歴史について。

世界初のモーターボートは1861年に「ジャン=ジョゼフ・エティエンヌ・ルノアール」が開発したガスエンジンが搭載されたボートだと言われ、パリのセーヌ川で使われました。
そして、ドイツの「ゴットリープ・ダイムラー」が1.5馬力のガソリンエンジンをつけて走らせたボートが、世界初のガソリンエンジン搭載のモーターボートだとされています。

日本では、1931年の7月26日にアマチュアによる「第1回船外機艇競争大会」が墨田川で開催されました。
翌年の1932年には品川台場を出発して、岩淵水門、両国橋を経由して品川台場に戻ってくるという、日本発の長距離耐久レースである「第1回船外機艇マラソンレース」が行われました。
そして、戦前からあった公営競技の競馬が戦後の1946年に復活すると、それに続き地方自治体の戦後復興のための財源の1つとして、1948年には競輪が、1950年にはオートレースが新たに公営競技として始まりました。

オートレースが公営競技として始まった1950年の5月に神奈川県逗子海岸と江戸川で日米対抗の「逗子モーターボートレース」が開催されました。このレースを元に現在の競艇が構築されたといわれています。
そして翌年の1951年に競艇も公営競技として認められ、実際のレースは1952年の大村競艇場にて開始されました。

競艇の大きな目的は造船関係の産業を振興することなどで、長らく日本独自のものでしたが、2002年には韓国の美沙里競艇場でもレースが行われるようになりました。
「競艇」と呼ばれるようになったのは2009年度
からで、それまでは「モーターボート競走」「ボートレース」「ボート」など統一性がありませんでした。2010年度からはブランド名として「BOAT RACE(ボートレース)」が導入されることとなりました。